カケレコ編集部 - トピック返信
昭和初期の教会建築 ~建て替えられるまちなかの教会~
2012年10月23日 10:09
掛川西高の西側にある瓦橋、この橋をわたったすぐのところに小さな教会があることをご存知でしたか?
逆川沿いを散歩していて、見つけました。

1886年創立の日本キリスト教団掛川教会です。現在の建物は、昭和9年(1934年)5月に建てられました。昭和初期には、こうした木造の教会建築がよく建てられていたようです。

築78年の建物は、建物の痛みが激しく、10年来の望みであった建て替えが決まりました。11月4日の礼拝を最後に、この建物は、取り壊されます。
建て替えられる教会は、現在の雰囲気を残し、使える道具などは新しい教会でも使われるということです。

この度、牧師である高桑義雄さんの許可をいただき、教会内を撮影させていただきました。
昭和初期に建てられた教会建築の雰囲気を、ご覧ください。


【YouTube】昭和初期の教会建築 ~建て替えられる掛川教会~

【取材を終えて】
しんと静かな空間で、ゆったりした時間を過ごさせていただきました。
安全な建物になるのはもちろん嬉しいことですが、まちなかからまた一つ、風情ある建築がなくなることに、ほんの少しさびしさも感じました。

取材撮影編集:カケレコ編集部/河住雅子

書き込みツリー表示