市民記者コーナーの「“竜宮城”からの帰還」
「“竜宮城”からの帰還」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
“竜宮城”からの帰還
【閲覧数】251
2010年07月26日 20:29
7. 7日目【日本時間7月8日】“泣けるような青空”(こちら西海岸は7月7日)

昨夜のアルコールが抜けない人も少なくなかったと思います。
幸いなことに、日本にはおにぎりやお茶づけがありますが、アメリカの方々はこんな時、どんなものを食べるのでしょうか?
それでも軽くアメリカ式の朝食を摂って、ポートランドの国際空港へ向かいました。
相変わらず空は真っ青、雨の日の別れでなかったのは幸いでしたが、妙な“わびしさ”を感じます。

.

この空港に降り立ったのが昨日のような気がしてなりません、本当に夢のような一週間でした。

そして私たちは14時15分発のDL91便にて、成田に向けて飛び立ちました。
窓の外からは“オレゴン富士”が手を振ってくれています。



ポートランドから日本に向かう人は、そんなに多くないのだろうと思っていましたが、空席はあまりありませんでした。
すぐ後ろの席には、姉妹都市である埼玉の町に日本語研修に行くという子供たちが、20名ほど乗り合わせていました。
ここでも日本に関心を抱いている子供たちが多いことに、驚きました。
“日本人もしっかりしなくては”・・・・・ね!

そして飛行機は何のトラブルもなく、むしろ成田には予定より少し早目に到着しました。
第一印象「やっぱり日本は蒸し暑いです」、すぐ我に戻りました。

.

ここで私たちは更に、成田からDL91便に乗り換えてセントレアまで行きますが、入国審査は名古屋なので、まだ外国にいることになります。
これがまた不思議な気分なのです。
周囲には免税店が軒を並べていたので、お土産の追加を購入しようとしたのですが、どの店も売ってくれませんでした。
いまいち、そのルールが良く理解できませんでした?



その後セントレアまでは42分のフライト、入国手続きもスムーズに行われ、e‐wing掛川発着所には定刻通り23時30分に到着しました。
こんな遅い時間にも関わらず、関係者の方々から盛大な出迎えを受けて、私たち一同大感激でした。

返信書き込みはありません。