市民記者コーナーの「“晴れ男”としての評価は「満点」」
「“晴れ男”としての評価は「満点」」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
“晴れ男”としての評価は「満点」
【閲覧数】309
2010年07月26日 21:17
 8. Vol.8 友好都市ユージン訪問記 総括!

さて最後に3つの目的についての評価です。

①については多くの驚くべき体験をしました。
まとめてみれば、何につけても大きいことです、Kenさんによれば「国土が広いので何もかも大きくなってしまったんだよ!」ということです。



鹿の大きさが牛より大きいというのは納得できますが、空港やレストランのトイレ(中の個室)の広さには驚きました、便器の横にベッドが置けそうなスペースがありました。

もう一つトイレの話で恐縮ですが、入ってない時は必ずドアが半開きになっています、このルールは家庭でも、レストランでも、空港でも徹底されていました。
そして、シャワートイレは全くありませんでした。


②できるだけ辞書を使わないで聞き直したり、易しい言い方に代えて頂いて対話の継続が出来た点では、スキルアップにつながったと思いました。
ネイティブの発音についても参考になりました。
Tomさんは「トム」でなくて「タム」、familyも「フェムリィ」と云う方がいいよ、と教えてくれました。

交流会での掛川城の歴史説明については、かなり上がってしまったので自分が思った通りに表現出来なかったのが心残りです。
それでも「この10月に掛川に行くので掛川城で再度ガイドして欲しい」、とおっしゃってくれた方もいました。

③「いいじゃん掛川」へのアクセスや、日記の更新については全く大成功でした、日本と同じように出来ることがわかりました。
長期滞在者や留学生にとっても、ふる里の様子がリアルタイムでわかるので、寂しさが紛れるのではないでしょうか?

最後に、このような貴重な体験をさせて頂けたことに対して、企画をして頂いた掛川市の担当課の方々、及びKICの皆さま、快く受け入れて頂いたユージン側のスタッフの方々、ホームステイ先のご家庭、そして縁あってご一緒して頂いた団員の方々など、全ての皆さまに感謝します。
本当にありがとうございました。

そして今回の旅行中も晴天続きだったことは、すべて私のお陰です。
奇跡の“晴れ男”を自称する自分自身にも感謝!、感謝!です。

返信書き込みはありません。