カケレコ編集部の「トマト農家:石原茂さん「掛川で働こう その1 農業」」
「トマト農家:石原茂さん「掛川で働こう その1 農業」」の書込一覧です。
トマト農家:石原茂さん「掛川で働こう その1 農業」
【閲覧数】1,507
2012年07月14日 08:41
シリーズ「掛川で働こう その1 農業」
~トマト農家:石原茂さん(掛川市大東地区)~ 

会社員から一念発起!
県外から掛川市にトマト農家を目指して移住をした石原茂さん(30歳)にお話を伺いました。



Q1.農業家になるきっかけを教えてください。

もともと、釣り好きなこともあって、漁師や農家などの第一次産業に興味を持っていました。結婚して子供も生まれましたが、会社員として働くうちにいつかは第一次産業に転職したいと思っていました。会社員で働いていてもリストラなどがある時代だし、失敗するなら早いほうがいいと思って、本格的に転職を考え始めました。

最初は漁師になりたいと思っていろいろ調べましたが、漁師のほとんどが先祖代々からの網元。漁師=網子(網元に労働力として雇われる)しかないことがわかって……。どうせなら自分で起業できる仕事がしたいな……と。

そこで農業ならどうだろうか?と考えついたんです。

はじめ、妻は冗談だと思っていたみたいです(笑)。
家族もいて生活していかなくてはならないから、独立するまでに何十年もかかったりするものは難しい。施設園芸はどうだろうか?嗜好品よりも定番の作物で、ある程度価格が安定している作物は何だろうか……。妻に相談しながらここまで行き着くのに2年位かかりました。時間をかけたおかげか、妻もいつのまにか応援してくれるようになりました(笑)。

それから全国新規就農相談センターや静岡県農業振興公社のHPを見たり、電話で問い合わせをしたり、時には実際に静岡や九州など足を運んで農家を見学しました。その時に出会ったトマト農家さんが、あるとき行った就農フェア(がんばる新農業人支援事業)に参加していて偶然再会したんです。このことがきっかけで静岡県掛川市(JA夢咲管内)のトマト農家での研修を決心しました。



Q2.実際に掛川市に移住し、研修を始めてどうでしたか?

研修のため、1年半ほど前に山梨県の甲府市内から家族と静岡県掛川市に引っ越してきました。1年間の研修中は研修手当が支給されます。会社員時代の貯蓄と研修手当を合わせて生活していました。近所付き合いやお祭りなどの催し物など初めてのことで戸惑うこともありましたが、近所の方々にいろいろと教えてもらいながら徐々に慣れてきました。妻が積極的に参加してくれるのがありがたいですね。仕事は習うより慣れろ、とにかく毎日必死に師匠についてまわりました。

Q3.現在のお仕事の様子は?

今は独立して間もないので、長い時は1日15時間程働く日もあります。決して楽な仕事ではありません。無事に収穫を迎えられるかドキドキハラハラ、とにかく毎日が挑戦です。さらに強風や台風などの自然災害時は心配でなりません。実際に去年の秋の台風ではハウスに被害が出て大変でした。また冬になれば暖房がきちんと動いているだろうかと心配になり夜の見回りもかかせません。重油の値段が上がれば暖房費がかさむと頭を抱えます(苦笑)
それにトマトの環境や病気にはとても神経を使います。研修が終わっても師匠に教わることはたくさんありますから、わからない時や悩んだ時は師匠に聞いています。そう考えると、信頼できる師匠に出会えたことはとてもラッキーだったと思います。

だからこそ、苦労して、愛情こめて育てたトマトが花を咲かせ、実を結んで出荷できるまでに成長した時はめちゃめちゃ嬉しいんです(笑)。



Q4.今後の目標は?

今は、トマトの品質と収穫量の安定が一番の目標です。
規模も少しずつ大きくしたいですね。トマトにはたくさんの品種があって、たくさんの農法が確立されています。いつかは新しい農法にも挑戦してさらに美味しいトマトを育てたいです。
トマト作り、楽しいですよ!!

それに、ここ1.2年は仕事につきっきりで家族との時間も少なかったですから、今後は家族との時間も持てるようにしたいですね。



・・・ありがとうございました。


【YouTube】シリーズ「掛川で働こう」№1 ~トマト農家 石原茂さん~ 掛川市大東区

【お仕事データ】
石原 茂さん(30歳)・・・・トマト農家(品種:CF桃太郎ヨーク)
いくつかの仕事を経て第一次産業への転職を志す。
掛川市(大東地区)のトマト農家での研修を決心し山梨より家族で移住。
妻と3人の男の子の5人家族。
移住後、激務の日々を過ごし、ようやく趣味の魚釣りを楽しむ時間ができるようになってきたこの頃。最近のねらいはイカだとか・・・。



メモ: 
・おすすめのトマトの食べ方
 ・トマト + 塩(美味しい塩) + オリーブオイル + タバスコ
 ・おでんに湯むきしたトマト、もしくは生のトマトをいれて煮込む

・石原さんのトマトは
 ・東京へ出荷されています。
 ・ららぽーと
 ・ファニーファーム http://funnyfarm.hamazo.tv/ で取り扱われています。
(時期により変更有り)

  
 
【取材を終えて】

ピカピカのトマトを両手に持って、恥ずかしそうに微笑む石原さんもトマトのようにピカピカ輝いていました。就きたい仕事の方向性から仕事を模索する、社会人の経験を通して仕事を模索する、時間をかけることで家族の賛成を得る。仕事を経験したから、家族がいるからこそできる仕事の見つけ方かもしれませんね。

■参考URL 就農支援を行っているサイトです。
全国新規就農相談センター 
http://www.nca.or.jp/Be-farmer/

静岡県農業振興公社
http://www.shizuoka-nk.or.jp/index.htm

静岡県 就農応援プロジェクト
http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-320/syunoupr…oject.html

掛川魅力発信動画プロジェクト
撮影取材レポート:森茂香里


書き込み数は1件です。
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
Re: トマト農家:石原茂さん「掛川で働こう その1 農業」
【返信元】 トマト農家:石原茂さん「掛川で働こう その1 農業」
2013年10月11日 20:46
初めまして?
とっても充実した生活を送られている様子ですね(≧∇≦*)
大変な毎日だとは思いますが…
試行錯誤しながらでも一歩一歩、明るい方向へと前進していくと信じ
ご家族の皆様と頑張って下さい(*^_^*)
いつまでも尊敬、応援しています♬