掛川市立桜が丘中学校7の「映画「二宮金次郎」上映会」
「映画「二宮金次郎」上映会」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
映画「二宮金次郎」上映会
【閲覧数】254
2019年06月27日 13:17

  今日は午前中、生涯学習センターで映画「二宮金次郎」の上映会が行われ、全校生徒で鑑賞に赴きました。映画の内容は、幼い頃、両親が早死にし、兄弟とも離れ離れになった二宮金次郎。青年になった金次郎は、文政元年(1818年)、小田原藩真に桜町領(現・栃木県真岡市)の復興を任される。金次郎は、「この土地から徳を掘り起こす」と、“仕法”と呼ぶ独自のやり方で村を復興させようとするが、金次郎が思いついた新しいやり方の数々は、金次郎の良き理解者である妻・なみのお蔭もあり、岸右衛門ら一部の百姓達には理解されるが、五平ら保守的な百姓達の反発に遭う。そんな中、小田原藩から新たに派遣された侍・豊田正作は、「百姓上がりの金次郎が秩序を壊している」と反発を覚え、次々と邪魔をし始める。金次郎の運命はいかに・・・と、ザックリこんなストーリーでした。小学校時代から「なるほどなっとく金次郎さん」などで報徳の教えに親しんできた生徒たちだけに、映画はとてもおもしろく感じられたようです。鑑賞後は友達同士口々に感想を言い合っていました。生徒の皆さん御家庭でも映画について家族とお話をしてみてくださいね。

 


返信書き込みはありません。