■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/?key=42473&year=2017&month=3
■2017年3月の書き込み
書き込み数は6件です。
2017年03月15日(水) 
なんて読むのか 初めて出会った 漢字名詞

それは 『 掛川宿連雀商人三文字屋兵藤庄右衛門の手になる社号額 』と

書かれている平尾八幡宮の菊川市指定文化財の案内板にあった。

ネット検索すると画像があって 「しゃごうがく」 って読むのかなと見当つける。

閲覧数161 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2017/03/15 11:23
公開範囲外部公開
2017年03月11日(土) 
おっ これは と レンズを向けたのは 4日の午後3時ころ

はじめは 一羽 

と思っていたら あと二羽もいた or 出てきた 

場所は大手門の前でした

閲覧数135 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/03/11 10:42
公開範囲外部公開
2017年03月10日(金) 
国文学者とは聞いていたが、似ていても『文』がないのは この歳になって初めて出会った。

調べれば、「国学者」とは - 和学者、皇学者、古学者とも。
古事記・万葉集などの日本の古典を研究して、日本の固有思想・精神を究めようとする学問をしている方々。

江戸中期に興り、賀茂真淵・本居宣長・平田篤胤・荷田春満らは国学の四大人として特に有名。 ・・とネット検索で例がある。

そして遠州国学の中心人物の一人だった栗田土満は、
江戸時代の中ごろ元文2年(1737年)に、
城東郡平尾村(菊川市中内田)の平尾八幡宮の神主の長男として生まれました。

八幡様の

閲覧数163 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2017/03/10 14:24
公開範囲外部公開
2017年03月08日(水) 
菊川市中内田4779にあり、道をはさんで向かい側に『栗田土満(ひじまろ)翁生誕地』という案内板があった。

閲覧数162 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2017/03/08 10:22
公開範囲外部公開
2017年03月07日(火) 
掛川は上内田の山で採れたのは 昨年12月の暮れ25日だったような気がする。

で、この画像は今回の帰省3月5日にとった。 

2か月過ぎてもこの元気。

閲覧数183 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2017/03/07 13:28
公開範囲外部公開
2017年03月02日(木) 
年4回ある高校同期のゴルフコンペに日程を合わせ、

今晩8時ころ発➡0時半着見込みで帰省を予定。


明日は菊川でコンペのあと、

菊川市は中内田にある平尾八幡宮およびその周辺を

訪ねる楽しみにもワクワク!

閲覧数77 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/03/02 17:08
公開範囲外部公開
■プロフィール
竹と利平さん
[一言]
は~ の は~ いいですね!