■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=325528
2010年04月21日(水) 
先月も静岡新聞に載っていたので取り上げましたが、本日はテレビ静岡の夕方の番組で改めて吉田町役場の“禁煙”の話題を特集していました。

“禁煙”と言っても仕事中の禁煙です。
喫煙所まで行ってたばこを吸って職場に戻るまで平均15分掛かるそうです。
それを禁止すると言う「画期的な取り組み」ということでの報道です。
喫煙者からは「喫煙はコミニケーションでもあるので戻ってくると仕事が捗る」と言うような意見が寄せられていました。

一日何回たばこを吸いに行くのか知りませんが、吸わない人の立場としてはどうなんでしょうね?
ずっと以前から民間の会社では「休み時間以外は禁煙」のところが殆どでしょう!
私もその休み時間が待ち遠しくて仕方なかった思い出があります。
そしてその後、たばこをやめたのですが・・・・

これが「行政として県下初の取り組み」と言うことで報道されたのですが私は完全にテレビ局の「イヤミ」だと感じました。

閲覧数857 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2010/04/21 23:19
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/04/22 19:00
    さん
    お名前:中小企業の経営者

    吉田町役場の“禁煙”

    当たり前でしょ!

    誰の金で給料貰ってるんだ!

    そんでもってボーナスはでるし。

    1回15分年間で換算したらその人は何日休憩しているんだろうか?
    それだけ不要な時間があるんだったら、その分人を減らして、給料を減らせるはず!

    民間ならとっくに解雇ですよね。

    中小企業の皆は生きるか死ぬかでがんばっているのに!
    次項有
  • 2010/04/22 19:34
    鉛筆shinobiさん
    貴重なご意見ありがとうございます。

    民間では当たり前のことですが行政としては画期的な事と注目されていること自体が“ナンセンス”と思います。

    どこかの町も、こういうことに気が付いて頂ける首長であって欲しいと思います。
    もうすぐ1年ですので、そのような改革ができる事を私は期待しています、それが私の投じた1票でした。

    “スローライフ掛川”という流行語が浸透して来た頃から、中には「スローワーク掛川」と勘違いした方がいて時間が逆回りしてしまったと思います。

    私は天下りの代わりに若い方には民間企業への出向を提案したいです。

    それで世の中のスピードや仕組みを理解して頂きたいのです。
    そうしないとこの考え方のずれはずっと平行線のままです。
    県下ワースト3と評価されている自治体を昔の姿に戻して行って欲しいと思います。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 04月21日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み