■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=350271
2010年07月22日(木) 
私くらいの年代で「ららぽーと」といえば、映画くらいしかありません。

今日は朝から家内を連れだって、東映映画「必死剣・鳥刺し」を見に行きました。


この映画は昨年9月に掛川城二の丸御殿で、1週間ほどロケが行われました。
事前に私たちにも同じ“台本”と毎日の撮影予定表が渡され、長時間に及ぶリハーサルにもお付き合いして、セリフも覚えてしまったくらいなので、映画の完成にはとても感慨深いものがありました。

自分としては映画のストーリーそのものより、御殿のあの部屋が座敷牢として、この部屋が勘定方の詰め所として、そして入り側は回想シーンから最後の決闘シーンに続くなど、映画のストーリーに掛川城が如何に貢献してくれたのか、つい期待してしまいました。


特にラストシーンの迫力はお見事、さすがトヨエツさんの演技です。。
このラストシーンは掛川城ではなかったですが、もしやっていたら御殿は血の海になっていたと思いますよ!

閲覧数247 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2010/07/22 20:24
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 07月22日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み