■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=612968
2012年12月18日(火) 
今日の事ではない、一週間位前にアンパンを食べました。
昼飯を食べ寒い外の空気を一時間くらい吸って部屋に戻ったらアンパン半分と皮の剥いた柿が一つ置いてありました。
手渡してどうぞと言ってくれたなら「食べない方がイイ」と断ったと思うが・・女房が半分食べて買い物に出掛けたのだろう、居なかった。
いつもわ、柿は食べるが饅頭や菓子類はなるべく食べない様にしている(別に我慢している訳ではない)
腹の調子は悪くないので三度の食事は食べ過ぎる位に頂いているので少し太り気味である。
甘いものは好きだが、高価な饅頭やキンツバよりもアンパンが好きだケーキよりもイイね。
久しぶりに食べたアンパンはやっぱりウマかった。熟した次郎柿のウマさも最高です。
話は違うがオレは畳の硬いベットに寝ている、クッションの効いた物よりイイね(人はそれぞれだから面白い)

閲覧数605 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2012/12/18 15:19
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2012/12/18 17:08
    ターコさん
    私も敷き布団はせんべい布団の方が好きです!
    身体が沈み込む柔らかい、マットレスは苦手です。

    床から来る
    底冷えの予防には、ちょっと厚い、ボアのシーツと湯タンポでポカポカですよ~(*^_^*)
    次項有
  • 2012/12/18 18:48
    ターコさん
    ありがとうございます。
    旅館に泊まった時などマットを引き抜いたこともあります。
    変わった物や珍しい物は好んで食べた方ですが珍しい味や変わった味は悪くはないが美味しいとは少し違うような気がしました……
    もちろん「ウマいウマい」と言っていましたが。
    次項有
  • 2012/12/18 19:39
    あんぱんは主人も大好きで時々購入します。
    殆ど一人で食べてます。

    5年前になくなった義父が大好きでおやつに両親に
    半分づつ牛乳とともにあげていました。
    義父から「こうしてあんぱんを食べれるなんてあり難い」
    と感謝がありました。
    私は「二人が仕事を頑張ってくれたからこのような生活が
    できる」と感謝すると泣いて喜んでくれました。
    昔は贅沢であったと思います。
    あんぱんはそんな義父との思い出もあります。

    勿論、せんべい布団がいいです。
    ターコさんと同じく敷きマット(シーツ)が暖かいので
    幸せ状態です。
    次項有
  • 2012/12/18 22:39
    半分のあんぱん、いいですね。

    糖分取りすぎないでと、美味しさ分かち合い

    その心使いがうれしいです。

    私も半分のあんぱん大好きです。
    次項有
  • 2012/12/19 14:42
    みつちゃんさん
    ありがとうございます。
    拙いあんぱんの文で、ご両親を思い出してくれたたという、うれしいです。
    優しいご両親の一面を伺い私もその様になりたいと思いました。

    敷布団は腰が沈み込まない方が楽だと思います
    羽毛布団はもの足りない軽さ、冬は重みを感じる方が良いくらいです。
    子供のころ冷たい布団に潜って温まるまで震えていました農家の座敷は寒かったです。
    次項有
  • 2012/12/19 14:45
    隣のとろろさん
    ありがとうございます。
    とろろさんのコメントでは、はんぶっこのアンパンを食べている微笑ましい風景が目に浮かびます拙い文でその様に想像して貰える私は幸せです。

    「私も半分のあんぱん大好きです」二つあっても半分ずつ食べて一つにしましょう。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
まーちゃさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み