2013年04月21日(日) 
昨日の新聞各紙。
大阪の橋下市長の、公選法一部改正のネット選挙運動解禁を受けての発言。


政党が発信する情報よりも、有権者の間で出回る情報で、流れができる。それが選挙におけるネットの役割だ。


この発言、私も同感。
いままで、手厳しい公選法のなかでやってきたこの国の政党は、情報の伝え方は大変苦心をするとおもいます。その上で私たち有権者が、いかに政治に関する情報を手にして、それをどう主義主張、つまり、意中の人物や政党の支持・支援につなげるかだとおもいます。

ただ、ネットに触れる機会がない有権者の方々のために、若干のアナログメニューは必要におもいます。

ネット選挙運動は、1度やってみなくてはどううまくやっていくかわからないです。

閲覧数164 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2013/04/21 02:15
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南房総のかずちゃんさん
[一言]
鉄道・福祉をジャンルとして動いています。
■この日はどんな日
■最近のファイル
ファイルがありません。
■最近のコメント
■最近の書き込み