■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=666895
2013年08月23日(金) 
7月12日の日記で掛川城とにゃんこ族との戦いをご紹介しました。
実はあれからも「にゃんこ忍者」との死闘は続いているのです。

7月12日の笹製のにゃんこ返しは一時期効果はありました。
しかし敵もなかなかの強者でそれを突破して来るようになりました。

そこで次に窓枠の下にアクリル板で斜めの庇(ひさし)を取り付けました。
ところが暫くするとそれも掻い潜って敵陣に侵入して来たので、今回はご覧のような網作戦にしてみました。



重要文化財なので釘等で固定する訳にもいかず引っ掛ける程度なので、またいつか突破されるかも知れません。
敵もこちらの弱味をよく把握している可能性は十分ありますね!
なにか良いアイデアがあったら教えて下さい。

それにしても御殿の中で寝る猫なんて聞いたことありません。

閲覧数467 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2013/08/23 22:03
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2013/08/25 09:54
    ネコさんも涼を求めて侵入なのですね。
    広々としたところはやはり気持がいいですからねえ。
    (ちょっと無責任です.ごめんなさい。)
    次項有
  • 2013/08/25 10:39
    鉛筆shinobiさん
    みつちゃんさん

    敵もさる者、決して諦めないで作戦を練って数日後には突破してしまうという根性がすごいです!
    次項有
  • 2013/08/26 09:53
    ん...

    敵ながらあっぱれな奴ですね...(^-^)

    といっても、やはり御殿に入られるのは、なんとも...


    侵入を防ぐのではなく、逆の発想で、

    侵入をしなくても、

    御殿の外に居心地のいい場所を造ってしまうというのは?


    飼うというわけじゃなく、居場所の提供のみということで...
    次項有
  • 2013/08/26 20:47
    鉛筆shinobiさん
    くろすけさん

    これについては解析中ですが複雑な理由も見えてきました。
    御殿を縄張りにしているにゃんこたちの寝場所は従来通り縁の下のようです。
    問題の猫忍者は別の組織(おそらく新入り)のため、御殿の縁の下で共同生活は出来ないものと思われます。

    大きな問題として「猫を捨てる人が悪い!」です。
    本当に無責任だと思います。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 08月23日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み