■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=718071
2014年05月03日(土) 

新茶の緑は若葉の新緑とはまた趣が異なり、丘陵地の茶園の緑を上から眺めたり下から眺めたり、茶園の広大な緑の風景が目に焼き付きます。

その緑に魅せられて、市内北部の茶園をシリーズで回ってみましたが、今回での5回目で終了します。(茶園シリーズ⑤)

最後に訪れたのは、お茶の掛川を代表する粟ヶ岳の大「茶文字」と近くの茶園です。10年ぐらい前までは「茶」文字はお茶の木の寄せ植えだと思って言いました。しかし実際にはヒノキの樹林で文字が描かれています。その周辺の草場も昨年登録された「世界農業遺産」などに使うススキやカヤなど、地元の皆さんが刈り取り、お茶畑に敷いたり茶文字もよく見え一石二鳥です。

周辺からの粟ヶ岳の茶文字と茶園風景を画像に収めました。

      
 (いろいろな角度から見た[茶]文字)

  
 (粟ヶ岳中腹の茶園)

  
 (茶畑に敷かれた茶草と、茶文字すぐ下の茶草を刈る場所など。茶文字を構成するヒノキが上方に見えます。

  
 (遠方から見た茶文字と緑豊かな茶園)


※ 茶園の中の茶草場撮影には、茶園主に許可をいただき撮影しました。


閲覧数428 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/05/03 18:25
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 05月03日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み