■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=739744
2014年08月01日(金) 
今日は新しい栗畑の草刈りをしました。
と言ってもまだ3分の1くらいです。

栗の木の肥料が行き届いていたせいか、雑草の伸びも栗の木の周りだけ2倍くらいの背丈になっていました。
でもまだ若い雑草だけなので刈り易かったです。
これが今月末頃になってしまうとこわくなるので旧盆前にまずは刈り取ってます。
「こわい」といっても四谷怪談や番町皿屋敷みたいな怖さではありません!
この辺りの方言で「かたい」という意味です。

さて今年は例年に比べると草刈りが楽です。
まず蚊が殆どいない、蜂の巣が全くない、そしてヘビが全くいないからです。
特にヘビさんは不思議です。
昨年は小蛇がいっぱい草の間にうろちょろしていて、何匹かが草刈り機の犠牲になってしまいました。
蚊や蜂がいないのも草刈り作業には助かります。


(これはキジの雄です、雌や子供は我が家の鳩山さんと同じ色です)

閲覧数126 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2014/08/01 23:19
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2014/08/02 00:56
    edaさん
    確かに今年の納涼祭は暑すぎて蚊が1匹も居ませんでした。さっきも夜11時頃
    家の前でバスで出かける人たちと20分ぐらい立ち話をしていましたが、草むらの
    蚊が一匹だけ足を刺しただけでした。また一昨年までは、毎年あしなが蜂や、時には
    スズメバチまで、庭の木の中や軒先に巣を作って、一度は刺されたこともありましたが、今年は、蜂自体をあまり見かけません。
    これも、異常気象のせいなのでしょうね。
    次項有
  • 2014/08/02 08:28
    鉛筆shinobiさん
    edaさん

    私にとって暑さ自体は昨年に比べると楽なんですが、虫たちの異変は梅雨時に雨が殆ど降らなかった影響もあるんでしょうね!

    それともこれからですかネ
    次項有
  • 2014/08/02 11:26
    マサシさん
    そうなんですかね~?気がつきませんでした。
    言われてみると確かに「蚊」は少ないかな?
    「蛇」は、太田川の堤防を歩くと出会います。
    「雉」もいますが、この出会いが例年より
    多いか少ないかを問われると何とも・・・。
    でもこれらの生き物は変化に対して敏感なんで
    しょうね。
    次項有
  • 2014/08/02 18:00
    鉛筆shinobiさん
    マサシさん

    私の場合は毎年全く同じ場所で草刈りをやっているので極端な自然の違いはよくわかります。

    例えばミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)やアオサギが極端に増えてきたらザリガニが全くいなくなりました。
    子ども達にザリガニ釣りを見せてあげようと思ってもどこにも見当たりません。

    4,5年前までは田んぼの側溝で見かけたのですが・・・
    次項有
  • 2014/08/02 21:13
    minonさん
    我が家の小さい庭には、蚊がいっぱいいますよ。
    ちょっと草むしりしても刺されています。

    いないのは、うらやましいです。

    へびさんもいるんですが、まだ会っていません。
    次項有
  • 2014/08/02 21:18
    鉛筆shinobiさん
    minonさん

    我が家は特別なんでしょうかね?
    それも今年に限って・・・・

    ヘビさんはきっと少ないと思いますよ!
    どの場所に行ってもまず遭遇しないですから。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 08月01日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み