■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=758907
2014年11月14日(金) 
明日はJ2リーグ第41節・ジュビロ磐田がホームにモンテディオ山形を迎えてのホーム最終戦。

昨シーズン終了後、紆余曲折を経てシャムスカを指揮官に据え、選手流失も最小限に抑えてリーグ戦に臨んだものの、とりこぼしも目立ち途中で指揮官の首をすげ替え。でも結局自動昇格の椅子は逃しちゃいましたねぇ。

この辺りは僕がこよなく愛する清水エスパルスも同じ様こと。途中で指揮官の首をすげ替えたものの、あまりその効果はあらわれて無い様な気がします。やはりシーズン途中での指揮官変更は、戦術面の浸透時間が不足がちでリスクが大きいんでしょうね。

ジュビロ磐田、プレーオフ出場は間違いないだろうけど、どの順位でプレーオフに突入できるか?J1ライセンスを持たず、プレーオフ出場権利の無いギラヴァンツ北九州がプレーオフ出場圏内の6位以内に居るから話はややこしい。

ジュビロとしては、もちろん3位で、なおかつギラヴァンツが6位以内に居て欲しい。万が一4位になったとしても、ギラヴァンツが上に行くなら問題なし。でもジュビロが5位以下になってしまうならば、ギラヴァンツには関係無しでプレーオフを2試合やんなきゃいけない。

そんな中でのホーム最終戦、対戦相手のモンテディオ山形はプレーオフ出場ギリギリの現在6位、必死に食らいついて来るのは間違いありません。ジュビロは10月の勝利を最後にここ4試合引き分けが続いています。これを負けなかったととるか、勝てなかったととるかでは真逆な話。実際にジェフ戦などは負けなかったと言えるゲームでしたが、勝てない雰囲気があるのも確か。面白いゲームが期待できそうです。
そして、今季最終戦はアウェーでコンサドーレ札幌戦、こちらはアピスパ戦の結果次第ではあるものの、最終戦にプレーオフ出場権がかかることは十分可能性アリで、これまた面白いゲームになりそう。

さて、ここまでジュビロ磐田のことをアレコレと書きましたが、「そんな事より清水エスパルスの事を心配してろ」と突っ込まれそうですが、実は怖くて清水の事は具体的に書けないってのが本音。色々考えこむと「やっぱりダメかぁ…」との思いと「絶対に何とかなる」といった悲観論と楽観論が交互に去来し、話がまとまらないってところ。こちらは「なるようにしかならない」と観念?達観?するしかないのかな。

しかしそんな中でただ一つだけ揺らがない信念(思い・決意)があります。それは・・・・・・・・



静岡ダービーは絶対J1でやるぞ!

閲覧数250 カテゴリ日記 投稿日時2014/11/14 22:23
公開範囲外部公開
■プロフィール
FAIRY-TALEさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み