■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=766481
2014年12月29日(月) 
今年中に何とかと思って動いて来たのですが、やっと目途がついてきました。

父の葬儀でお世話になった方へのお礼参りも午前中で終わりました。
葬儀費用もやっと清算できたので早速振り込みました。
各種手続きもあと1件だけとなりましたがそれは来年に持ち越しても間に合います。

衣類、遺品は今日も妻が片付けをしてくれましたが、まだ別屋のガラクタで途方に暮れています。
とりあえず父の衣類等はあした処分場に持って行けば、室内は覗かれても恥ずかしく無いくらいに整理整頓が出来ました。

処分場(資源ギャラリー)は年末特別サービスという事で明日が最後となりますが混雑が予想されます。
早目にスタートを掛けたいと思っています。

この際、温泉でのんびりしたい気分です。

閲覧数535 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2014/12/29 23:06
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2015/01/02 08:55
    ご苦労様でした。

    一つ一つ、手に取りながら、ありし日の、姿がよみがえたった事でしょう。

    遺品の片付けは、お父さんの人生の足跡を
    消して行く事にもなり、ちょっと複雑な心境ですね。

    私も逝く時のは、身綺麗に周辺を片付けようと思っていますが、活動してると荷物が増えてしまいます。
    一つ増えたら、一つ減らしをしようと思います。
    次項有
  • 2015/01/02 13:00
    ターコさん
    遺品の片付け
    ご苦労様でした。
    私の母(76才)は交通事故死だったので
    ガラクタが物凄くて涙を流しながら弟と
    片付けたものです。

    母の事があってからシンプルな生活を心掛けています。

    温泉で疲れを癒して下さいね~!
    次項有
  • 2015/01/02 19:49
    鉛筆shinobiさん
    隣りのとろろ園さん

    コメントありがとうございます。
    こういう事のために「終活」という話が流行し始めたのに、父は全く反応しませんでした。
    おそらくいつまでも生き続けると思っていたのでしょうね!

    私はこのような面倒なことは息子にはさせたくないと思っています。
    次項有
  • 2015/01/02 19:56
    鉛筆shinobiさん
    ターコさん

    まだ同年齢の母親がいますがその方がたいへんです。
    口が達者で今回の父の最期についても作り話で自分を美化しようと、日々努力を続けています。
    訪問される方は来るたび話が違っていると言われますが、これも仕方ないことでしょう!

    長生きの家系に育った私も、無駄に長生きしたくないと思っている昨今です。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 12月29日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み