■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=825915
2016年02月10日(水) 
今日テレビの連ドラから大阪に行く決断シーンが出た時、私も東京に行く決断をした時の事をを思い出してしまいました。掛川の保険会社に勤めておりましたが
事情で、東京の五反田の営業所に転勤することになり、不安もありましたが
頑張って平成2年4月から平成3年まで勤めて平成4年の6月には、祖母の介護の為
退職して掛川に戻ってきました。平成5年に祖母を見送り再び掛川の保険会社に
再就職させて頂きましたが、テレビのシーンから懐かしい思い出が目に浮かんでまいりました。

閲覧数526 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2016/02/10 09:26
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2016/02/10 23:13
    鉛筆edaさん
    お年賀の写真ファイルの着物姿は、平成元年8月の磐田市民文化会館の佐伯一郎のステージに磐田支部の皆さんと一緒に名木千香子と言う
    芸名を使って、初めて有料の歌謡ステージに出演させて頂いた時の
    記念写真です、この時期に東京に行く決断をさせて頂き、もう静岡
    県ではしばらくステージに立てなくなるので、一寸寂しそうな
    顔をして歌っております。VTRもありますが、それこそ有料の
    コンサートのテープですので一般公開は出来ません、でも初めての
    経験で、司会者もプロの方で、お化粧もプロの方がしてくださいました。38歳の時でしたが、2回目の振袖が着れて嬉しかったです。
    次項有
  • 2016/02/11 09:03
    鉛筆edaさん
    本当に大阪に行く決断の日が10年前にあったことを忘れていました。
    東京ではなく大阪です。それは平成18年4月18日から主人が脳梗塞で
    大阪の病院に入院していることを知らせていただいた、朝でした。確か1日ぐらいたってから、職場の同僚が、主人が目が寄って大阪の病院に入院したことを自宅まで知らせてくれた時のことでした。私は、
    大阪の病院に行き方も判らず、友人に行き方を教えてもらって
    親戚の大阪方面の地理に詳しい方と一緒にその翌日に初めて
    病院に行ったことを思い出しました。そのときは主人に会うまで
    病状が判らないので、もう半身不随になっても仕方ないと
    決断いたしました。脳専門の病院の配慮で、保証人も後回しにして
    直ぐ適切な最新治療を受けた御かげで、麻痺もなく9日間の入院で
    新幹線で主人と一緒に歩いて帰宅出来たことも今は懐かしい想い出です。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
edaさん
[一言]
edaは通称真法使いのおばあさんです
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み