■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=826065
2016年02月23日(火) 
2月21日掛川市美感ホールにて主人が撮影いたしました。
https://youtu.be/7QZO3EEuT88
作詞がまほうお婆ですので、お婆のイメージを取り入れて、
江戸時代の黒繻子の衿の着物に私の祖母の前掛けと胸元には
母のお茶道具の懐紙入れを使用させていただき、生きている時の
頭巾は、古典模様の帯揚げを使用させて頂きました。
また、お愛のお方が御霊になられた時の髪型は、舞踊の山姥の髪型を
取り入れ、若い女の御霊様なので、思い切ってピンクと自分の白髪を
コラボさせて頂きました。

閲覧数398 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2016/02/23 16:07
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2016/02/24 00:35
    鉛筆edaさん
    ネットで検索した所、西郷局の肖像画のような物がありましたが、
    長い黒髪に、十二単衣のような着物を着て、袴を穿いているようです。今回のステージで私の着用した衣装とはかけ離れておりますが
    普段この装束を身に付けていたのではなく、小袖が一般的の様でした。私の場合昨年西郷局が出場した、掛川祝賀まつりでハロウィン
    姿のまほうお婆「私」が初めてお愛の方の行列をみて、お婆なりに
    歌詞を作成して、お婆の孫の小枝が歌っているイメージですので。
    お婆が仮想しているような雰囲気も入れてみました。座っている
    前のお供物は前日友人から頂いたさくら饅頭にお寺様から頂いた
    白い干菓子をコラボしました。また手にしている扇の菓子器は昭和時代に祖父の弟が皇室の歌会始に
    入選いたしましたが、その長男の結婚式の引き出物で
    大阪の宝石店尚美堂製で豪華な銀食器の五点セットの一部です。
    次項有
  • 2016/02/27 00:02
    鉛筆edaさん
    今日はお琴を習っているお友達にお愛のお方のDVDを観て頂きました。その方にCDと歌詞を渡して「良かったらお琴で演奏してみて下さい」と伝えました。動画を観ながら気がついたことですが歌っている時、ピンクの鬘が重たいので少し後ろにずれて
    自分の前髪の生え際が映って
    おりましたが、私の髪は前髪の生え際だけ、黒い髪が生えていて、その上、髪は昔より細くなったものの、生まれつきの富士額でしたので
    余り違和感がなくて良かったと思いました。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
edaさん
[一言]
edaは通称真法使いのおばあさんです
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み