2016年04月22日(金) 
わたしの旦那様が言うには・・
「ここらへんはきっと津波は来ないよ
一度七夕豪雨のとき少し水出たけど
実家は大丈夫だったから、地震あっても
津波の被害はきっとないよ」

・・・って・・

何の根拠で言っているのか
わりと家のまわりはこういう自信のある市民が
多くてのんびりしてしまってます。

でも家は朝から船の汽笛が聞こえるくらい
海が近いです。
海風も吹いてきます。
あちこちに海抜**mの表示がすごいし・・

今までなかったからこれからも大丈夫って
ことは決してないと思いますよ。

閲覧数374 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2016/04/22 08:44
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2016/04/22 10:03
    蘭楽さん
    かつて災害ボランティアで出かけて地元の方とお話する中、ほとんどの人が
    まさか・・・こんなことになるなんて、今までこんなことは無かった
    というお言葉が返ってきます。滅びてしまった恐竜たちも災害の連続でかなり固体数が減って最後滅びたという研究発表がなされました。
    何が起こるか神のみぞ知る不思議な空間で我々は生きているのだ。
    バカボンのお父さんみたい?
    次項有
  • 2016/04/22 22:59
    shinobiさん
    昨年、静岡県ではナンバー2くらいの歴史家の方の公演を聞きましたが遠州灘には今まで津波は殆ど来てないそうです。
    これは慶弔の地震、宝永の地震、安政の地震など東海地震の話なので今後起こりうる南海トラフ地震は?です。
    ちなみに従来の東海地震はフィリピン海プレートがユーラシアプレートの下にのめりこむ関係で海が隆起して陸地が増えるらしいのです。
    横須賀城の南はすぐ海で海運が盛んだったらしいですが現在ではかなり海まで遠くなりましたね!
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ワンでござるさん
[一言]
初参加です、よろしくお願いします!
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み