■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=827402
2016年05月30日(月) 
急に伸びてきました。

ニョキニョキと音が聞こえそうな・・・。

いまのところ順調です。

こんにゃく畑

閲覧数767 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2016/05/30 22:47
公開範囲外部公開
コメント(8)
時系列表示返信表示日付順
  • 2016/05/30 23:52
    壮観ですねぇ
    掛川でこんな光景が見られるとはちょっと良いです。
    間に寝転んで観たくなりました傘が開いたら楽しそうでですね
    次項有
  • 2016/05/31 00:34
    こんにゃくは群馬、自然薯は掛川のイメージです。

    掛川では、こんにゃく畑や自然薯の畑は、いたるところにありますでしょうか!?
    基本のできていない質問ですみません
    次項有
  • 2016/05/31 11:35
    楽しみですね。
    蒟蒻芋、子供の頃を思い出します。
    東京から、50年ぐらい前に兄の友達が見えました。
    これが、蒟蒻の木と言ったら、もっと大きな木に実がなると
    思っていたと話していました。
    次項有
  • 2016/05/31 16:41
    shinobiさん
    またそんな季節になりましたね!
    あっという間に一年が過ぎてしまいます。
    そしてあっという間に歳をとってしまいます。
    次項有
  • 2016/05/31 20:12
    まーちゃさん、

    ありがとうございます。
    「寝転んで・・・」で思い出しました。

    子供の頃、お茶刈の合間で寝転んで、空を見てうたた寝してました。
    青い空と白い雲、高く高くひばりのさえずり、懐かしいです。
    母の呼ぶ声・・・遠い昔を思い出しました。
    次項有
  • 2016/05/31 20:36
    奥州のキングjrさん

    ありがとうございます。

    いたるところにあるのはお茶畑なんです。
    自然薯は少し増えてはきましたが、北海道、青森、長野がメジャーだと思います。掛川発自然薯は、目下努力中です。

    こんにゃくは、おしゃる通り群馬県が日本一
    私は、趣味に毛の生えた程度で作っているんです。

    その昔、この辺でも、お茶の木の間に、自生したこんにゃく芋を
    秋におふくろさんが手作りしていたのです。
    専門に栽培していたことは無かったと思います。

    私は、ネットや近隣の方々のやり方を参考にしたり、
    長野県のこんにゃくミュージアムにも出向いて、勉強させていただきました。

    そして、「私のも、いいじゃん」と素敵な勘違いをして・・・。
    今にいたっているのです。(えへへ!)
    次項有
  • 2016/05/31 20:43
    みつちゃんさん

    ありがとうございます。

    隣のとろろ園では「10月から3月頃」までは、ケットラ市に
    こんにゃく玉の見本を掲げているんですよ。
    皆さん、懐かしがって、話しかけてくれます。
    若い方は「これが・・・」驚いています。

    お出かけの際は、是非、こんにゃく談義聞かせてくださいませ。
    次項有
  • 2016/05/31 21:05
    shinobiさん

    ありがとうございます。

    季節を感じながら、忙しい日常の日々、
    その通り、あっと言う間に過ぎてしまいます。

    死期は確実に近づいて来るし、明日は何が起こるやら・・・。
    なんにでも一生懸命やるっきゃないですね。
    頑張ります。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
隣のとろろ園さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 05月30日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み