■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=827515
2016年06月07日(火) 

隣家の人から「あめんふらんうちにじゃんがーこいどけよ!」と言われたので午後からジャガイモ堀をしました。

 

「男爵」は特に問題なかったのですが、メイクイーンの2割くらいが虫食いでした。

それも大きな出来のよい芋だけが狙われた感じです。

 

男爵とメイクイーンの違いは何だったのだろうと考えました。

植える前の土作りは全く同じタイミングで肥料も土壌の消毒(フロンサイト)も施してありました。

双方ともビニールのマルチを掛けてありました。

 

まず、メイクイーンの種芋は農協に注文して昨年11月始めに届いていたものです。

ところが年末の暖冬の影響で植える前には20cm以上の芽がたくさん出ていて種芋はフワフワになっていたものを植えました。

 

男爵は植える直前にナフコで購入した種芋でした。

こちらはまだ芽が出ていませんでした。

 

大きな違いはこの2点です。

でも土の中の芋を食い荒らす犯人は誰でしょう。

道を通る人がいろいろ言って行きます。

「こりゃぁだんご虫だらよ!」「きしりねずみかもしれん」「ヤスデだらす」等いろいろ言ってますが果たして真相や如何に?

 

 

 

 

 


閲覧数643 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2016/06/07 23:16
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2016/06/08 01:10
    ネズミでは??

    モグラは何を食べるのかしら?
    我が家の畑にはモグラがいたずらをすると母が嘆いています・・
    次項有
  • 2016/06/08 07:33
    鉛筆shinobiさん
    > 窓口のマドンナさん
    そういえば、一部モグラの穴がありました。
    次項有
  • 2016/06/08 20:22
    ひどいですね。
    早くとれば良かったですね。
    我が家もやられました。
    フロンサイドは虫予防ではありません。
    表面をきれいにします。

    我が家は多分、ゴットーとかいうので穴をあけられてしまいました。
    もう少し早くとれば被害が少なかったです。

    来年の課題になりました。
    次項有
  • 2016/06/08 21:36
    鉛筆shinobiさん
    > みつちゃんさん
    近所の人がゴット-にもやられてるね!と言っていました。
    確かに黒い穴がある芋もありました。
    「オルトランまいて耕すといいよ!」と隣の人は言ってくれましたが、問題はその犯人ですよね!
    その相手によって対抗処置が決まると思いますが犯行の手口も分かりません。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 06月07日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み