■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=829184
2016年10月13日(木) 

掛川城御殿は国指定「重要文化財」です。

落雷による消失を防止する為に避雷針(柱)が2本設置されています。

 

 

この避雷針が逆に景観を損なうというお客様からの意見が今までありました。

「あんな平屋に落雷するのだろうか?」と疑問視されたこともあります。

 

 

そこで避雷針の撤去が行われることになりました。

撤去後は御殿の屋根の表面に電流を地下に落とす避雷装置を取り付ける工事が行われます。

 

落雷で一番被害を受けそうな天守閣はしゃちほこの尻尾の部分に避雷針が取り付けられています。

その雷様はワイヤーを通じて真下に落ちていくようになっています。

 

 

その昔、世間では落雷による火災で天守消失という災害が良くあったそうです。

雷がなんだか分らない時代だったので予防策はなかったと思います。

 

フランクリンが雷=電気であることを証明したのは18世紀、まだ江戸時代中期でした。

 

 

 


閲覧数526 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2016/10/13 23:12
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2016/10/13 23:23
    避雷針のある御殿が見れるのはいつまで?
    次項有
  • 2016/10/14 08:29
    鉛筆shinobiさん
    > ちょっとさん
    大掛かりな工事なのでまず御殿裏に作業小屋を作ってからと言うことで、おそらくまだ1ヶ月くらい後になるんじゃないでしょうか?
    詳細分ったらお知らせします。
    次項有
  • 2016/10/14 05:15
    その時代は、巨大な塔がベターだったのですね。
    撤去は大がかりだと思いますが
    スッキリして、とても、いいですね。

    私も、ありし日、そのまま派です。
    次項有
  • 2016/10/14 08:32
    鉛筆shinobiさん
    > 隣のとろろ園さん
    景観的にもそうですが、もし大きな地震で倒れたらその方が被害が大きいでしょうね?
    次項有
  • 2016/10/14 08:48
    こんな時の費用は国から補助がくるのですか?
    管理のことで、ついお金の出所が気になります。
    次項有
  • 2016/10/14 11:52
    鉛筆shinobiさん
    > みつちゃんさん
    国の重要文化財なので費用は国からでると思いますよ!
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 10月13日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み