■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=829324
2016年10月24日(月) 

先週の静岡新聞に紹介されていた季節はずれのひまわりを見に行って来ました。

 

場所は袋井市友永の休耕田です。

幟(のぼり)はたくさん立っていたのですが場所がどこなのか全く分らずに探し回りました。

目印は三川病院でそこを西側に下った辺りです。

 

すでに16年も続けていると言うことですが、来年盛大にやって終了するそうです。

維持していくに当っては経済的にも体力的にもたいへんだからでしょうね!

 

 

ちょうどSBSテレビの朝の番組「soleいいね!」が取材に来ていました。

それも生中継だったので関係者の方たち(高齢者ばかりです)はかなり興奮した様子でした。

 

 

この地域のゆるきゃら「米茶メちゃん」(こちゃめちゃん)も特別出演してくれたのですが、中に入っている人(高齢者らしい?)が「暑い暑い」と言って脱ぎ掛けていたのをみんなで説得していたのが愉快でした。

忍者と同じでテレビに出ても誰なのか視聴者は知りませんからね!

 

 

こちらの黒いひまわりは「ムーランルージュ(赤い風車)」と言います。

rouge(赤)というより紫っぽい色でした。

 

実はこの種子が1個も7円するのだそうです。

咲いた花の種を撒いても育たないので毎年購入しているそうです。

 

 

本番までの待ち時間にミーハー忍者がSBS柳沢アナを直撃してしまいました。

悪い癖ですね!

 

コスモスもまだ健在でした。

 

西側から行くとこの案山子が目印です。


閲覧数883 カテゴリ日記 コメント7 投稿日時2016/10/24 21:55
公開範囲外部公開
コメント(7)
時系列表示返信表示日付順
  • 2016/10/25 04:21
    ムーランルージュ、黒いひまわり初めて知りました。高齢化や利益が出ず休耕田、耕作放棄地増えていくのでしょうね。
    次項有
  • 2016/10/25 07:48
    鉛筆shinobiさん
    > ちょっとさん
    休耕田利用としてそこに種をばら撒いているのではなく、土を耕して種子を1個、1個撒いて行くのだそうです。

    それに土をかけて、肥料をやって、雑草を取って・・・たいへんな作業です。
    稲作やってるのと同じくらいの労力です。
    見学は無料なので利益はありません。
    売店があって地元の野菜を売っているわけでもありません。
    「皆さんに喜んでいただければいい」という道楽だけなんです。
    次項有
  • 2016/10/25 09:42
    マサシさん
    16年も続いているのですか!何事も続けることは
    大変なことです。日本シャーウッド(注射針の会社?)の
    西側ですね。私も数年前に行ったことがあります。
    以前は「黒いひまわり」と言っていたような・・・。
    次項有
  • 2016/10/25 10:37
    鉛筆shinobiさん
    > マサシさん
    そうでした、場所はそこです。
    黒いひまわりの種は、むかし浜松のフラワーパークに行ったときに3粒ほど戴いたことがあります。
    翌年にその花の種を植えたのですが芽が出なかった事を思い出しました。
    次項有
  • 2016/10/25 21:43
    100万本って、凄いですね。
    自分は、小さな畑ですが、フル回転してるつもりですが、
    管理しきれてません。
    広い畑を見ると、その心配が先に・・・。

    ゆるキャラまで、導入して、頑張ってきたのに

    持続可能な活動の壁、高齢化、後継不足、
    ここでも、ですね。
    次項有
  • 2016/10/25 22:29
    鉛筆shinobiさん
    > 隣のとろろ園さん
    昔は僅かな土地の境い目で争っていた人たちがいます。
    でも現在では草刈りが面倒なので逆に過少主張している時代です。

    こちらのひまわり畑の方たちは無欲の方ばかりでした。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み