■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=830313
2017年01月13日(金) 

森町「小国神社」には徳川家康公が腰掛けたという石があります。

 

天正二年に犬居城攻略の時に小国神社に参拝し、腰掛けたということで「家康公立ちあがり石」と呼ばれています。

苦難を乗り越えた家康にちなんで人生の再起を祈念して腰掛けていく人が少なくないということです。

 

 

さて今日の小国神社ですが、もう参拝客は少ないだろうと思いきや、駐車場は満杯でした。

 

「ことまち横丁」も賑わっていましたよ。

私はせんべいと茶碗を買って帰りました。

年末に割ってしまったからです。

 


閲覧数575 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2017/01/13 17:48
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/01/13 21:28
    元旦、2日と大渋滞で、お詣りを断念した友人がいました。
    いまだに、にぎわっているのですね。
    紅葉、初もうでといい流れです。

    「立ち上がり石」・・。
    気が付きませんでした。こんど座ってみます。
    次項有
  • 2017/01/14 07:41
    鉛筆shinobiさん
    > 隣のとろろ園さん
    皆さんの話を聞くと「駐車場がタダだから」といいます。
    僅かなことですが効果的だと思います。

    立ち上がり石は家康公没後400年ということで遠州地方のゆかりの地を紹介するパンフレットに紹介され知りました。
    次項有
  • 2017/01/13 21:53
    コッチさん
    家康が座った位で何故その石が代々残されているのか理解に苦しみますね。家康はあちこちで座り込んだだろうと思われますが。

    家康が躓いて転んだ石の方がまだ理解できそうそうな…。
    次項有
  • 2017/01/14 07:51
    鉛筆shinobiさん
    > コッチさん
    あちこちで座り込んだと思いますが、それを現代まで受け継いできた事に価値があると思うのです。
    殆どの人は見向きもしませんが、ご利益あると思う方には貴重なものと思います。
    この近くには森の石松の墓がありますが、架空の人物の墓でもギャンブル好きな人は墓石を削ってお守りに持って帰ります。

    掛川の南には高天神城攻撃の際に武田勝頼がうたた寝したという「うたた寝の松」というのが残されています。
    「それがどうした」ということになると思いますが・・・。

    価値観の違いですかね?
    次項有
  • 2017/01/14 08:58
    コッチさん
    > shinobiさん

    そうか、御利益のあることを信じる人が結構居る訳ですね。信じる人は救われる…?


    精神的な安定が得られるのでしょうね。

    .
    次項有
  • 2017/01/14 20:13
    鉛筆shinobiさん
    > コッチさん
    「鰯の頭も信心から」と言われるくらいですので、世の中には様々な人がいます。
    いわば精神安定剤みたいなものでしょう。

    私の知人のように新興宗教にのめり込むと家人、他人に迷惑を掛けるのですが、一般の人はこんなものでも拠り所にしています。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 01月13日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み