■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=830944
2017年03月07日(火) 
掛川は上内田の山で採れたのは 昨年12月の暮れ25日だったような気がする。

で、この画像は今回の帰省3月5日にとった。 

2か月過ぎてもこの元気。

閲覧数140 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2017/03/07 13:28
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/03/07 15:38
    水の良さと、環境の良さですね、根っこも生えて来るでしょう。
    次項有
  • 2017/03/08 10:02
    まーちゃ さん

    コメントありがとうございます

    水の良さと、環境の良・・・> 

    生えていたところはあまり人が来ないところという点ではそうかもしれませんね。

    花入れには 水道水です、

    ただ志戸炉焼きの窯元も言ってましたが

    志戸呂だと花の持ちが断然いいようです。
    次項有
  • 2017/03/08 11:54
    戸志呂焼の花入れですか興味湧きます。ガラスの花瓶との比較ができないでしょうか、日持ちしない草花で早く結果がでると面白いですね。
    次項有
  • 2017/03/08 12:23
    その比較実験 面白いですね

    ガラスの花瓶だと水が腐るというか ぬるぬるして来ると思いますが、志戸呂焼だとそれがありません。


    画像の花入れは下記の友人のものですが一度ネット検索おすすめします。

    志戸呂焼・細井陶游 (ほそい とうゆう) 
    所在地: 〒428-0019 静岡県島田市志戸呂1069−4
    電話: 0547-46-2133
    次項有
  • 2017/03/08 15:47
    千両の生命力凄いですね。志戸呂焼き覚えておきます。いい事聞きました。
    次項有
  • 2017/03/08 16:33
    ちょっとさん

    コメントありがとうございます。

    この時の一部はこちら埼玉の自宅に来ていますが こちらも同様に元気です。 
    こちらの花瓶は志戸呂ではないですが釉薬があまりかかってない土系の似た感じの物です。 

    そうすると この千両がいいのかな?
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
竹と利平さん
[一言]
は~ の は~ いいですね!
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み