2017年03月15日(水) 

 

 

処世術は、この世 (現実) の内容からなっている。今だけ、金だけ、自分だけの内容で、利己主義である。だが、個人間の利害対立により団結できない。

職業には貴賤がないが、人生には貴賤がある。処世術にたけた人間の行為は、不適切であっても、違法性がない。法の網の目を潜り抜ける方法にたけているからである。これは天皇の行為の真逆であって、純粋な人間の行為とは言えない。処世術の方向は、純粋の逆を向いているので、その達人は純粋でなく、処世術の追究には行き止まりがある。我々は、この世の心配りだけでは、精神的に閉塞する。

哲学は、非現実の内容からなっている。個人個人で内容が違うから、個人主義が必要である。世界観に基づく個人意見には、個人判断があるので価値が有る。永遠の内容を達成するために、利己の壁を越えて大勢の人が団結できる。’今だけ’ ではなくて、’永遠に’ である。’金だけ’ ではなくて、’目的の為に’ 金が必要になるのである。’自分だけ’ ではなくて、’万人のため’ である。

現実のみを知る人間は、哲学ができない。非現実の内容を受け入れる余地が脳裏にないから、無哲学・能天気でいる人間は英米の高等教育を受けると挫折する。留学にも魅力を感じない。目先・手先の判断ばかりで、究極の理解には無関心でいる。これでは、人を感心させるには至らない。力の結集もおぼつかない。自分だけに戻ってしまう。

我々日本人は英語をも勉強して、非現実の内容をも考えられるようにしよう。そして、世界に向かってこころを開こう。

 

 

 

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


閲覧数88 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2017/03/15 13:52
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
シンちゃんさん
[一言]
明るい未来社会を築こう
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=831046