2017年03月19日(日) 

   3月7日、日本学術学会が防衛装備庁による委託研究に関して「軍事関係の研究は学問の健全と発展の為一切しない」との声明案を発表しました。

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/anzenhosyo/pd…yo11-1.pdf

   4月の総会で結論を出すそうです。

 

   強制力のな指針のようですから格別の問題意識もありません。日本学術学会にとってはまだ戦後は終わっていないのだなあ…と印象を私は持ちました。

 

  企業内開発と違って学会では「研究の自主性・自律性が担保されなければならない」は全当然の希望でしょうね。

しかし声明案には若干の異論も私は持ってます。

   ほとんどの人は進んで殺人のための武器その他諸々の機器・移動手段の開発をやりたい…とは思わないでしょう。

 

   しかし、防衛装備庁の「安全保障技術研究推進制度」(2015 年度発足)に応募しないだけでその開発が避けられる…とは私は思えません。あらゆる技術は可能性の高低はあるものの、武器等に繋がる…と思います

 

   今、流行っているビッグデータの解析法、AI、超伝導、ナノテク材料、高速多量通信技術、3Dプリント……等、関連は私には説明できませんが、可能性はあるでしょう。

 

   イルカとのコミニュケーション方法の研究だって、現在はまだフィクション上だめのようだが、自爆攻撃による潜水艦の破壊、毒矢の装備、ソナー撹乱機器の装着などに利用される可能性があります。

   日本学術学会って頭脳明晰の学者が集まってい筈なのに、何だかあまり意味のないことに時間をかけているんだなあ…とニヤニヤしています。

 

.


閲覧数23 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/03/19 16:26
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
コッチさん
[一言]
果報は寝て待て
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み