■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=831574
2017年04月26日(水) 

近所に猫好きな女性がいて野良猫にも餌を与えていました。

その野良猫がわが家の納屋の2階で子供を産んだりしていました。

ところがその女性がなくなってしまったので飼い猫だったにゃんこもフーテンとなって歩き回っています。

 

そんな訳で閉まらなくなっていた納屋のシャッターも新調し、少しの時間でも必ず閉める様にしています。

 

今日は私が納屋の中で仕事をしていたのでシャッターは開けっ放しにしていました

ところがツバメさんが宿探しで頻繁に出入りしていました。

ツバメのお宿となると常時シャッターを開けておかないといけません。

そうすると猫も自由に出入りすることになるので困ります。

 

取りあえずツバメさんは納屋の中ではなくて、納屋の入り口(ひさしの下)に巣を作ってもらうのが得策ですが・・・・。

 


閲覧数544 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2017/04/26 22:08
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/04/26 23:23
    猫も可愛いですが、そこまで気を使うと大変ですね。
    そして、ツバメも襲いますもんね。
    巣用の板でひさし下に誘導するのが、やっぱ得策だと思います。

    家は妻が巳年・・・。
    巳年の家には寄り付かないので?
    家には来たことがありません。
    次項有
  • 2017/04/27 07:38
    鉛筆shinobiさん
    > 隣のとろろ園さん
    巳年の家には?初めて聞きました。
    そんなことがあるんですね!

    私が子供の頃、ツバメの巣を蛇に襲われました。
    それ以降ずっとツバメが来なかったのですが、ことし初めて家探しに来ています。
    次項有
  • 2017/04/27 13:20
    もう、そんな時期がきたのですね。
    そういえば、ツバメが低空飛行していました。
    (雨の前日のことです)
    ツバメも猫や蛇に狙われるのを見てると他所でお願いしますの
    気分です。

    ツバメが来るお宅は栄えると聞いたことがあります。
    何故か子供の頃より、ツバメは暖かい目でみていますね。
    次項有
  • 2017/04/27 16:41
    鉛筆shinobiさん
    > みつちゃんさん
    私たち人間が考えると「ここに作れば絶対大丈夫」と思う場所はたくさんあるのですが彼らはそんな所には作りません。
    玄関先に作るのは人間に見える場所の方が安全だと思ってるのでしょうか?
    次項有
  • 2017/04/28 09:36
    いろいろ考えさせられますね。以前巣ごと落とされ燕の羽が散っているのを見ました。これが自然界でしょう。
    次項有
  • 2017/04/28 20:44
    鉛筆shinobiさん
    > ちょっとさん
    子育てしているときが一番狙われやすいでしょうか?
    つばめの外敵、我々から見たら限られてしまいますが、きっと全部外敵なんでしょうね。
    これぞ油断大敵ですね!
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 04月26日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み