■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=832823
2017年08月02日(水) 
8月1日、静岡市美術館で開催されている「坂本龍馬展」に行って来ました。平日にも関わらず大勢の人が来てました。坂本龍馬の手紙、暗殺された時、龍馬の血痕の点いた掛け軸、龍馬の刀3本等展示されてました。特に迫力を感じたのは新政府の方針転換に怒った攘夷派の林田が英国公使パークスを襲った時の刀、それを受けて立った中井の刀があり、映画等で斬り合いは見ているものの真剣で立ち合えばこんなに刃こぼれがするものかと怖さを感じました。その横には警護してくれたお礼に英国ビクトリア女王から贈られた刀も展示され歴史を感じました。面白かったです。
閲覧数280 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2017/08/02 09:48
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/08/05 09:48
    それぞれが、それぞれの正義に、命をかけて、
    生なましいです。

    多くの方の生き死にの、延長線上で、
    安穏としていられる私らは、この幸せを大事にしないと。
    次項有
  • 2017/08/05 15:09
    隣のとろろ園さん、コメントありがとうございます。その時その時に先人たちが命をかけ日本を守ろうとしたお陰で今の暮らしがあると思います。緑十字機の決死の飛行もそうです。でも現在は空からミサイル、しかも核弾頭付きが降って来る難しい時代となりつつあります。これもどうするのかを真剣に考え対処する時が来ていると思えます。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ちょっとさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み