■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=833096
2017年08月26日(土) 
 25日の昼過ぎ、繋がらぬサイトがいくつかあり、変だなと思ってましたが、ネットワークの大規模障害だったようです。
 サイバー攻撃によるものといった推測も飛び交いましたが、明確な根拠は見付かりませんでした。

≪<ネット障害>国内各地で発生 総務省など情報収集(Yahoo!ジャパン、毎日新聞)≫
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-0000004…3-mai-soci

 夕方になって、サイバー攻撃ではなかった可能性が大と判明しました。
 IP情報の誤配信が原因らしいです。

≪グーグル引き金? 大規模ネット障害、装置で誤配信か(Yahoo!ジャパン、朝日新聞)≫
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-0000009…asahi-soci

 脆弱な「インターネット」基盤が、露呈しましたね。
 手間のかかるサイバー攻撃をせずとも、嘘のルーティング情報を大量に流せばインターネットは麻痺。

閲覧数62 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2017/08/26 03:12
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/08/27 01:28
    鉛筆ちゆきさん
     当初は多くの人がサイバー攻撃だと思ったようですね。
     しかし、実際はほぼ間違いなく、IPルータ間で遣り取りされるルーティング情報が、何らかの理由で化けたからのようです。
     ネットワークの何処が切れても大丈夫なように常時ルーティング情報をルータ間で交換してるのが裏目に出て、一箇所のルータの誤動作で広範囲に接続不能が起きることが実証されてしまったわけです。

     ビル・ジョイたちがIPを作った際には、現在のような巨大ネットワークを想定してはいなかったのでしょうね。
     一旦、誤ルーティング情報が「浸透」してしまうと、復旧には時間が掛かるようです。
     対応策は自然復旧(自己修復)を「待つ」しかないと思われます。
     米国防総省は、MILネット(ARPAネットが、一般用のインターネットと軍用のMILネットに切り離された)のプロトコルの見直しを始めるかもしれませんね。
    次項有
  • 2017/08/27 22:13
    鉛筆ちゆきさん
     OCNの“大本営発表”では短時間で復旧したことになってますが、実際は数時間以上の異常が続きました。
     30分を超えると国への報告義務があるので、復旧前に復旧発表をしたのでしょうか。


    <OCNバックボーン 2017年08月25日掲載 サービス故障/回復のお知らせ(OCN)>
    http://support.ntt.com/maintenance/service/3#116306_0
    次項有
  • 2017/09/04 00:27
    鉛筆ちゆきさん
     異なるアーキテクチャのコンピュータ間の通信を可能とするネットワークプロトコル、昭和50年代後半でしょうか、7層からなる大規模複雑なOSIの実装に多くの人が嘆いていたものでした。
     其処に登場した、簡素で軽いIPとTCP、当初からUNIX 4.2bsdで実働しており、大喜びで受け入れる人が続出しました。勿論、最初の内は、懐疑的な人も多かった(私も其の一人)ですが。
     TCP/IPが実績を積むにつれ、賛同派が多くなりました。
     しかし、頑健なOSIに対し、IPは脆弱だったのだと思います。マァ、私もOSIの委細を知らぬ(OSI参照モデルに基づくDECnetは部分的に知ってる)ので、確かなことは言えませんが。只、三十年以上前に拙速に作られたIPは、そろそろ役目を終えても良いのかもしれませんが、余りにも広く使われていて置き換えるのは容易ではないと思います。

    ※ 「OSI参照モデル」は、OSI其の物ではないですが、今でも参考にすることが多いです。

    ※ IPとTCPは、ごちゃ混ぜで作られたそうです。其の後に、ルータが知る必要がある部分をIPに、そうでない部分(上位プロトコル)をTCPにと、分けたと聞いています。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ちゆきさん
[一言]
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み