■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=833111
2017年08月27日(日) 

ナイヤガラの滝と言えばアメリカ・カナダの国境にある世界三大瀑布の一つですね。

 

日本にもそのイメージが似ているというので、愛知県新城市に「愛知のナイヤガラ」とか「新城のナイヤガラ」と呼ばれている場所があります。

夏のある日、先祖の墓参りの途中に周辺の川風景を見ながら立ち寄ってみました。

          ( 新城のナイヤガラ )

 

場所は、三河湾にそそぐ1級河川の「豊川」の上流で、JR飯田線が豊川またいだ先数キロの長篠地区。

湯谷温泉の方向に分岐する宇連川の合流点の川上になります。(この合流点の川上は地元では寒狭川と呼ばれています。地図上明記は豊川名。)

 

 さて、その寒狭川を設楽町の近くまで川添いに上ってみました。
 最初は長篠の地区にある長篠堰堤(えんてい)です。岩場を利用した堰堤は発電のための導水を形成していて、余分な水量は途中から滝となって本流に戻され、その風景がアメリカのナイヤガラの滝のイメージに似ていることから、「長篠のナイヤガラ」とか「新城のナイヤガラ」とか「愛知のナイヤガラ」などと呼ばれており、日本三大美堰堤の中に入っているようです。

   (堰堤の先で滝となって流れ落ちる水)

 

 自然の岩場がダムのようになっていて長い堰堤になっています。(2画像合成)

 

 大雨の後に行くと、水量が多くダムの部分も水が乗り越え、堰堤全体から滝が見られるといいます。

 

新城のナイヤガラを後にして そこから7~8km川上へ。小松橋があります(新城市小松)。

 小松橋から見た上流の川風景。

 

そこから4~5km川上へ。源氏橋があります(新城市源氏)。

 源氏橋からの上流風景。

 同下流側風景。

 

そこから国道257号線を更に川上へ4~5km。大輪橋があります(新城市と設楽町の境界)。

  大輪橋付近のくの川風景。

 

川で水遊びの人々やアユ釣り人が出ていました。

 

今回の最上流は設楽町田内地区まで。川上へ4~5km。 

  田内橋からの川上風景。

 

 上流に見える橋は、廃線となった豊橋鉄道田口線の橋梁跡です。


   なお、最初のご紹介にあった、日本三大美堰堤の他の2ヶ所は、秋田県の藤倉ダムと大分県の白水ダムと言われています。 

 夏の暑い日、川からの涼風に癒されてきました。               

 

 


閲覧数83 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/08/27 13:54
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 08月27日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み