■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=833310
2017年09月12日(火) 

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の中でたびたび登場する『気賀』の町とはどんなところでしょう。

近くに知り合いのミカン山があるとこで、たびたび訪れるところですが、大河ドラマの放送に合わせて改めて気賀の町を訪ねてみました。

 

 画像と地図でご紹介します。画像や紹介地が多いので、今回は「気賀の町の今」編と次回に「歴史探索」編の2度に分けご紹介します。
 

 まず、気賀の中心市街地を山の上の展望台から見た風景でご紹介します。

  《画像をクリックして気賀の町を大画像でご覧ください》 


  気賀の所在地は浜松市北区細江町気賀にあたります。ドラマの中心・井伊谷城や龍潭寺からも南西へ十数キロの浜名湖へそそぐ都田川の河口近くにあります。

 

次は気賀の街の位置です。

 (浜名湖の北部を抜粋した地図。地図の右手上の青い●印が気賀で、すぐ右上が井伊谷となります。)
 

 町の中心は、天竜浜名湖鉄道の「気賀駅」。気賀駅は天浜線が国鉄二俣線時代から70有余年が経ち国登録有形文化財となった一つに加えられています。同駅の駅舎(本屋)プラットホームとその上の上屋が文化財となっており、そこから400m程東にある「気賀町高架橋」も有形文化財になっています。

 (直虎の赤で飾られた気賀駅と、文化財に指定された駅舎やホームなど)

 

 (もう一つの登録有形文化財の気賀町高架橋=コンクリートの高架橋です。)

 天竜浜名湖鉄道は全線非電化の67.7kmをジーゼル気動車で運行されていて、現在直虎の放送に合わせ2種類のラッピングカーが走行しています。

 

町の北側の街が見渡せる丘の上には国民宿舎「奥浜名湖」があり、気賀の街や遠くは浜松市街や浜名湖が見渡せます。

 

 (奥浜名湖では、すっぽん料理やウナギ料理もあり人気の国民宿舎です。今は直虎御膳も)

 国民宿舎東200mのところには細江公園の展望台があり、ここからの眺望もよく、気賀の街並みや浜松駅近くのアクトタワー、浜名湖や東名浜名湖橋の風景も望めます。上の小画像はここから眺めた風景です。
 展望台の横には昭和42年ころから延8年間にわたって、現在の天皇陛下ご一家が静養に訪れたことを記念する碑も建っています。

 (細江公園展望台)

 (天皇ご一家ご来訪の記念碑)

 

 浜名湖に近い川沿いに進むと、「おんな城主 直虎」放送中に、観光地舘山寺温泉と、大河ドラマ館を遊覧船で結ぶ航路が開設され、臨時の桟橋も設けられています。

 (都田川河畔に設けられた臨時の船着き場と、運行中の観光船。所要時間は約25分とのこと。)

 

 (気賀駅から徒歩1分の地に開設の大河ドラマ館建物と、入り口エントランス風景)

 また、気賀の名物は甘党にとって大人気の「みそまん」。数件のお店が競ってみそまんを販売しています

(広範囲の浜名湖北部地域には11軒のみそまん店があり、イベント時には11種類のセットものが並ぶという。左は今回購入みそまん)
 
 すぐ川下側には平成元年にできた自転車と人のみ通行可の「澪つくし橋」が赤色で印象的に掛かっています。

 

    (澪つくし橋4景)

 

さらに100mほど川下には、平成17年に架設された細江大橋があり、舘山寺温泉方面への近道と浜名湖周遊が便利になっています。

 

 (細江大橋の銘板には有名な姫様道中の図が描かれ、橋の下には越冬するカモの大群が毎年飛来します。)

 

 今日の最後に、気賀は周辺とともにミカンやネーブルの産地。秋には山肌が黄色に染まります。遠鉄バスの気賀営業所には「おんな城主 直虎」のラッピングバスが停車していました。

 

 

(龍潭寺と大河ドラマ館を直通で結ぶラッピングバス)

 
 細江の街(気賀)をぐるっと散歩し、大河ドラマに出てくる今の街《気賀》をご紹介しました。

 次回に、ドラマ放送の時代とその後の徳川家康とのかかわりのあった場所などを、画像がまとまり次第、近日中にご紹介したいと思っています。

 

※ 各画像はクリックすると多少拡大します。
 


閲覧数44 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/09/12 08:49
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 09月12日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み