■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=833331
2017年09月14日(木) 
七月、掛川市立第一小学校の三年生九十五名が大日本報徳社に見学に訪れました。「掛川の良いとことを知ろう!」と、総合学習の授業の一貫で近隣文化財を見て回っているとのことでした。第一小学校は本社から徒歩三分のところにある“ご近所さん”です。


見学時間はなんと一時間。小学生の見学としては、とても長い時間を取っていただきました。一時間あれば、二宮尊徳(金次郎)の生き方や報徳の教え、報徳が掛川に根づいたわけ、建物群についてもきちんと説明ができます。これから子どもたちは自分の目で見たことの中から、「疑問に思ったこと」「深く掘り下げたいこと」など自分なりのテーマを決め、一年かけて調べていくとのことでした。

そして一か月ほど経った八月の半ば、第一小学校の子どもたちからお手紙が届きました。
「毎日暑い日が続きますがお元気でお過ごしですか」から始まり、「これからもお身体に気をつけて、お仕事頑張ってください」で締めくくられた手紙は、「お世話になった方に手紙を書こう」という国語の学習とも連動しているとのことでした。
手紙には子どもたちの思いがいっぱいつまっていました。一部、ご紹介します。

---------------------------------

◆私は働きながら勉強する金次郎さんがすごいなと思いました。私は金次郎さんみたいになかなかなれません。でも頑張りたいと思いました。

◆これからぼくもたくさん本を読んで勉強したいです。また、金次郎のことをいろいろ教えて下さい。

◆金次郎さんは「大学」や「論語」など難しい本を読んでいると初めて知りました。私も本が好きなので、難しい本にも挑戦したいです。

◆金次郎さんはえんぴつや消しゴムが無くても勉強できることを教えてくれました。紙がなくても砂に書いたのは、すごく勉強したかったからだと思いました。

◆報徳社には難しい漢字がたくさんありました。書けるようになって、意味も知りたいです。

◆私は家に帰ったあと、金次郎さんを見習っておばあちゃんのお手伝いをしました。おばあちゃんがとても喜んでくれました。私も嬉しかったです。

◆家に帰って「何か手伝うことはない?」と聞いたら、お母さんがびっくりしたので、金次郎さんの話をしました。自分から進んで言えてよかったです。それは報徳社の皆さんが教えてくれたおかげです。

◆ぼくは「経済門」と「道徳門」と書かれていることを初めて知りました。門の前をよく通るので、お父さんやお母さんに教えてあげようと思います。

◆暑い日なのに、ぼくたちに金次郎さんのことを教えてくれてありがとうございました。これからも、たくさんのこともたちに金次郎さんのことをお話してください。

閲覧数49 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/09/14 08:44
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
大日本報徳社さん
[一言]
大日本報徳社は、二宮尊徳(金次郎)の報徳の教えの普及を目指す全国組…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み