2017年12月31日(日) 

 

>日本の資本主義は、労働力の信用によって基礎付けられ、労働力の信用は、学校制度への忠誠と信用として根拠付けられてきた。

 

序列社会の我が国においては、学校は上意下達の精神を継承していますね。

 

>学校制度を支えたのは、学歴の価値に対する信仰であり、学歴信仰を根拠付けたのが、受験制度である。

 

日本語には、階称 (言葉遣い) というものがあります。階称を上手に使い分けるには、世俗の ’ものの上下’ を知る必要があります。ですから、学歴がその基準として通用するのであるならば、その上下を知る価値は大きいということになります。

 

>そして、受験制度が学生の価値を支配し、加えて日本人の価値観を深く支配してきた。

 

無哲学・能天気な日本人の価値は、実社会における有用性で決まりますからね。学歴は、我が国の位階制度の様なものか。。

 

>大学受験は落とすための試験である。

 

そうですね。入学志願者の選抜試験ですね。試験結果に差がつけば、それで用済みですね。

 

>誰もが大学を目指すようになると、試験を難しくして振るい落とすしかなくなる。

 

そうですね。民の向学心が旺盛になると、大変なことになりますね。

 

>大学受験を繰り返すごとに、入試問題は奇妙に難解さを増していく。

 

そうですね。大学側は、入学志願者の差を求めているのですから、内容よりも差を重視していますね。

 

>それに対応すべく、学校の勉強も、塾の補習も受験に照準を絞らざるを得なくなる。

 

そうですね。無意味なことが悪循環になっていますね。

 

>そして、受験にしか役に立たない知識の習得が学校での役割となっていく。

 

全ては、処世術の一環として存在していますね。浪人生活で遊ぶ、学生生活で遊ぶということになりますかね。勉強をする暇はありません。

 

>かくして、家庭も学校も塾も大学受験に成功することが最大課題とばかりに収束していく。

 

現実の困難を乗り切る方策で手一杯すね。非現実・教養・哲学が無い。

 

>その結果、大学ランキング、合格率の高い高校ランキングなど序列ができてくるが、卒業することに全く意味の無い大学は、当然のように実社会からは全く相手にされない。

 

縦社会においては序列判断が全てですね。それ以外の知識には価値が無い。学問 (哲学) が無い。

 

>全ては、受験制度という一点において、大きく狂っている。>受験制度によって作り出される学歴信仰も、空虚な幻想に過ぎない。

 

そうですね。学歴信仰は、空虚な序列信仰の一形態であり幻想です。序列社会に住む日本人には、どうしても序列の目安が必要です。それは、人を見損なってはいけないからです。日本人の礼儀作法は、序列作法になっています。 ’上とみるか・下とみるか’ の判断を誤ると、礼儀正しい日本人にはなれません。序列なきところに礼儀なし。ですから、日本人の上下判断は、強迫観念の域に達しています。これは入試地獄へと通じています。

 

>空虚な受験制度に振り回される子ども達の悲鳴はとうに限界に達している。

 

そうですね。限界に達していますね。時流に流されることなく理想を追求する指導者が我々には必要です。私は、日本語の階称 (言葉遣い) を批判する日本人に出会ったことがありません。外国人は、階称を難しいという。これは、何度も拝聴いたしました。

 

 

 

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


閲覧数30 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2017/12/31 00:00
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
シンちゃんさん
[一言]
明るい未来社会を築こう
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=834688