■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=834832
2018年01月10日(水) 

 「道の駅掛川」は全国でも利用率の高い人気の道の駅と聞いていますが、新東名が西進した愛知県の新城インター出口で、伊奈街道と交差する角に木材をふんだんに使った人気の道の駅があります。 

 道の駅「もっくる新城」です。

その道の駅を数回利用し画像にも収めましたのでご紹介します。

 

 まず、「もっくる新城」の名前の由来は、全国からの応募作品の中から”木材が来る”との意味合いで付けられました。周辺から奥三河にかけては木材の産地でふさわしい名称です。

 

 上の外観も木材を使ったものですが、中へ入ると高い天井も木材で作られていることがはっきりと窺うことができます。

 

  (天井や入り口付近が木材で構成されています)

 

 店内は天井が高いため、マキストーブの煙突も巨大でした。

 

 商品展示も豊富で、地場産野菜や加工品、調味料や菓子・パン・地酒まで豊富です。

 

 気になったコーナーです。地酒も種類が豊富。産直のジュース類や、八丁味噌に川魚、ユズ製品や佃煮他目移りするほどの種類がそろっていました。

 新東名のインターが近いことから車での来訪が多く、毎回駐車場がいっぱいでした。

 

 今回は、地場産品の赤だし八丁味噌、山ゴボウの赤みそ漬け《これは毎回必ず買い求めるお気に入りです》ワカサギの甘露煮をはじめ、ヤマサのちくわ類や、土産品などを購入しました。

 

 新東名を利用した折には新城インター出口の「もっくる新城」にぜひ立ち寄ってみてください。おすすめの道の駅です。

 


閲覧数104 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/01/10 08:45
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 01月10日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み