■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=835620
2018年03月06日(火) 
平成3年の日記から
正ちゃんの知らない良子ちゃんのこと
主人と知り合っていない昭和時代のアクシデントです。
私のお友達の良子ちゃんという人は、じいじ「私の祖父」が好きで
よく実家に遊びに来ました。一緒にカラオケに行ったり着物や靴や
指輪まで私は頂いたことがあります。そしてね良子ちゃんが
静岡のガス爆発の時。ちょうど西部前に居てね。救急車が間に合わないので
けが人をタクシーで一生懸命運んだんだから、その日ね私も会議で
静岡に行く日だったの、でもね、2回も爆発があって、死傷者が出た後でしょ、まだ煙が出て居るところに行くんだから、実家でも反対されてね
もし命に関わったらどうするって;;;でも私は大事な会議があるからって
行っちゃった。そのときね、3回目の爆発の予報があったので、怖かったけど、消防自動車から、水が出て居る間を通り抜けて、会議してして来ちゃった。というのは静岡の友人の良子ちゃんが、無事でいるか会いたかったので、自分のことを顧みずに、爆発の日でも行っちゃった。:::

閲覧数170 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2018/03/06 23:05
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/03/06 23:14
    鉛筆edaさん
    昭和55年の頃は娘もいないし、夜昼働いて、夜は飲食店の会計係を
    していました。このお店はチェ―ン店で、静岡にもお店があり
    良子ちゃんは静岡のお店に勤めていて、その日は私も月一回の
    会議に出席する予定でした。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
edaさん
[一言]
edaは通称真法使いのおばあさんです
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み