■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=835650
2018年03月09日(金) 

 今年1月、生涯学習センターで、市民の手作の工芸展が開催され、皆さんの出来映えに感心しながら撮影とこのブログでもご紹介させていたきました。

 

 自治会で公会堂前に作った門松の竹を処分するとのことでいただいて参りました。何かできないかと思案の中での上記手工芸展でした。

 門松に使った竹。

 

 いきなり立派なものはできませんので竹を割ったり削っただけの簡単な竹細工ができないかと、暖かい日に少しずつ竹を割って行きました。

 

 思いつきで進めたのが竹を割っただけでできるもの。

 それは、ペーパーナイフ、靴べら、孫の手、園芸べラなどが候補となりました。

 まずは竹を棒状にカット。糸鋸やなた、のこぎり、グラインダーやサンドペーパーなどを駆使(?)して形を作っていきました。

 園芸用のべラやペーパーナイフの原型。

 

 現在進行中で、まだここまでです。

 3月の暖かい日を見つけて、少しづつ道楽を続けてみたいと思っています。

 

 上画像は、門松の面影が何か残せないかと、ななめ切り口の部分を短くカット。つなげてみましたが、ここから先は未定。何とか活用できるものにと進行中です。

 

 うまくできた”モノ”があれば後日ご紹介します。(計画倒れかもしれませんが)

 

 


閲覧数184 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2018/03/09 08:47
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/03/09 10:15
    思いつきとは言え?なかなかやりますね!次回の作品が楽しみです!
    次項有
  • 2018/03/09 17:03
    桜木サポーターGさんへ
    コメントありがとうございました。
    どのように処分するのかはわかりませんでしたが、捨てられた竹を見たことがあり、何かできないかと考えた末でした。

    どのように手をくわえたらよいのか、設計図があるわけではないので、成行きに任せています。

    次回にアップできるようなものになれば幸いです。
    次項有
  • 2018/03/09 21:56
    shinobiさん
    何につけても器用なのには感心してしまいます。
    もちろんアイデアもそうです。
    次項有
  • 2018/03/10 09:31
    shinobiさんへ
    コメントありがとうございます。
    当ブログで、倉見小や花鳥園の今年のジャンボ角松をご紹介した時に、あの門松の竹はどうするのだろうかな? と思っていたのが、その始まりでした。

    作品を作るに別のものでヒントがりましたら是非ご教示ください。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 03月09日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み