■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=835662
2018年03月10日(土) 

 今週初めの大雨・長雨で、寒い冬の間身を守るために丸まっていた「イワヒバ」が、葉を広げました。

 イワヒバは冬の間、あまり水分を補給しないので葉が細く丸まっています。(その画像は撮影してありませんでした)

 

 しかし、雨上がりに覗いたところ、丸まってばかりいるものと思ったイワヒバのほとんどか葉を広げた「開葉」の状態でした。昨年暮れからはこんなに葉を広げた状態のお目にかかっていないので、ちょっと懐かしくカメラを向けました。

 この後天気予報では晴天が続くようです。まだ気温的に低いので、再び丸々かも。水を掛けたらよいか、自然の成り行きに任せたらよいか、その点の園芸知識がないので思案のしどころです。

 

 大小どの鉢もすべての葉が開いた状態に戻っていました。

 

 上の小さな三つの丸鉢は、昨秋株分けをしたものですが、根付いていた様で安心しました。

 

 


閲覧数221 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/03/10 10:01
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/03/10 22:19
    shinobiさん
    下種な質問ですが、このいわひばと言うのはかなり高価なものらしいですね?
    私のような素人ではまったく価値が分かりませんが、盗まれることもあると聞いています。
    次項有
  • 2018/03/11 20:14
    shinobiさんへ
    コメントありがとうございます。
    イワヒバは万年青ほどではありませんが1鉢数万円もする高級種もあるようでご近所で保有されている方もおります。

    しかし、小生の所有するものはごく普通のもの。十数年以上前、愛知県の知人宅で、山の岩場に自生していたものを増やして分けていただいたものや、ご近所で勝手に増えたからと分けていただいたものです。
    が、この葉の開いた姿は優雅で気に入っていますので大切に育てています。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 03月10日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み