■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=835710
2018年03月14日(水) 

 冬場は気温が低くて寒く、日の落ちるのも早いですね。

 家庭菜園や散歩も滞りがち。

 

 じっとしておれず、持ち出したのが昨秋に収穫した「百成瓢箪」。

 収穫した瓢箪ですが、彫刻や絵心がありませんので、冬の夜なべにピョンチャンオリンピックを見ながらヒョウタンに和紙を貼る装飾瓢箪を作ってみました。

 

 左端が無地のヒョウタン。右はそれに和紙を張り付けた装飾瓢箪。

 

  昨秋収穫した百成瓢箪。(4本の茎から収穫しました)

 

     いろいろな形のヒョウタンができます。

 

 作業方法。和紙を適当な三角形に切り、ノリで一つ一つ貼り付けます。大きさにもよりますが1個完成するのに1~2時間かかります。

 

 百成瓢箪(左:13cmほどあります)と千成瓢箪(中)の大きさの比較。右は大きさ比較用のゴルフボール(直径約4cm)。右画像は以前に収穫した小さな千成ビョウタン。

 

 10年以上前には大ビョウタン(下画像)を収穫したことがありますが、上述のように絵心がありませんので、網袋に入れ保管したま(経年で色つやが多少出ていました)になっています。

 

 装飾ビョウタンはもう少し数を増やしてみたいと思っています。

 

【参考までに】

 ヒョウタンの大きさについては特段の基準はないようですが、大まかには下記のように呼ばれているようです。

  5cm以下のもの=== 豆ビョウタン。

 10cm前後のもの=== 千成ビョウタン。

 12-20cmぐらいのもの=== 百成ビョウタン。

 20-30cmぐらいのもの=== 十成ビョウタン(または中ビョウタン)。

 30cm以上のもの=== 大ビョウタン。


閲覧数146 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/03/14 09:07
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 03月14日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み