■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=836124
2018年04月14日(土) 

 今年は例年よりも1週間程度早く咲いた桜。近くの川沿いの桜を見物に出かけ、8回のシリーズで桜と川の風景をお届けして参りましたが、今回がその最終回です。

 

 今回は、見物した川の中でも距離的に長い区域に桜が植えられていますので、3回に分けた垂木川の最上流部の桜風景をご紹介します。  川の最上流部には先般50周年を迎えたと言う宮城まり子女史が率いる「ねむの木学園」がありますが、県道からの入り口に、ねむの木村の案内板があります。そこを学園側に入るとすぐに山肌いっぱいの桜が目に入ってきます。

 

上の小画像がそれで、カメラを少し引くと整備された茶畑とのコラボ画像がステキです。(次画像)

 

           茶畑と山肌の桜風景。

 

 県道からねむの木学園方面に入る門の案内は壁画を伴う案内板。  右はソメイヨシノの花弁。

 

そこから数百m進むとねむの木学園が見えてきます。

 

 右画像は市道から桜越しに見たねむの木学園(一部)と駐車場から学園に向かう枝垂れ桜。

 

  学園からさらに奥へ進むと、桜ヶ池(垂木川途中の池)があり、桜が似合う池です。 垂木川はこの池の上流に続いています。

 

 道路を挟んで反対側には桜越しに見える文豪「吉行淳之介文学館」も設置されています。 

 

 さらに上流へ進むと、先にご紹介した枝垂れ桜が見られました。

 

 掛川市の北西部を流れる2級河川太田川の支流の四つの河川を訪ね、シリーズ「川沿いの桜」のご紹介をしてまいりましたが今回で終了となります。皆様のご来訪ありがとうございました。

 

※ 各画像はクリックすると多少拡大します。


閲覧数22 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/04/14 16:48
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 04月14日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み