■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=836282
2018年04月27日(金) 

掛川城天守閣復元にあたっては青森ヒバが約95%使用されています。

 

ヒバはヒノキの親戚で「あすなろ」とも呼ばれています。

「明日はヒノキになろう!」・・・で「あすなろ」といういわれもあります。

ちなみに、この階段はヒノキで、天守最上階の天井は四国のヤナセ杉が使われています。

実はこの青森ヒバはヒノキより殺虫成分が多く含まれていて、中尊寺や弘前城にも使われています。

今回、東北のさくらツアーに行くにあたって「青森ヒバってどの当りが産地なんだろう?」と考えていました。

ところが「津軽鉄道」に乗ったところ、そのガイドさんが青森ヒバについて教えてくれました。

途中に「金木町(かなぎまち)」という駅がありましたが、この辺りだそうです。

金木町は現在五所川原市に併合されてしまいましたが、昔は青森ヒバしか金になるものがなくて「金のなる木=金木町」になったとか・・・・

この辺りには「太宰治」の生家があり、吉幾三さんの出身地でもあります。

いずれゆっくりと訪れてみたくなりました。


閲覧数423 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/04/27 22:53
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 04月27日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み