■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=837015
2018年06月23日(土) 

 マイガーデンで思わぬタイミングで蝶「ツマグロヒョウモン」の変態《蝶のへんたいとは、蝶が卵→幼虫→蛹(さなぎ)→蝶に形を変え成長すること》を身近でとらえることができました。

 

  ツマグロヒョウモンのメス。

 

 それは、春の花の項でご紹介しました下画像の上段で育てたビオラのプランターでした。

 餌となるビオラやパンジー。

 

 赤と黒のきれいな毛虫です(気持ちが悪いと思う方もいるかもしれませんね)。数が多かったこの幼虫がビオラの葉を全部食いつくしてしまいました。幼虫を優先し、ビオラの花を犠牲にしました。

 卵の状態は気が付いていませんのでいつ卵を生んだかは定かではありません。

 

 ケムシ《ツマグロヒョウモンの幼虫》がビオラの葉を食べています。

 

 1~2週間前後で蛹(さなぎ)に変態します。

 上部には幼虫が、下部には、蛹になりかけている様子がうかがえます。

 

 プランターの縁に蛹となってつり下がっています。

 

 この後は観察を続け、6/8にさなぎ(蛹)となったことを確認しました。蛹の数は幼虫の数よりも少なく6~7個ぐらいしか確認できませんでした。(幼虫のうちのどこかへ移動したのか他の虫や鳥に食べられたのかは不明です)

 

 

 そして、6/17に蝶となって飛んでいるツマグロヒョウモンのオスを撮影できました。↑

 

 ツマグロヒョウモンはメスの方が目立つ蝶で、ツマグロと言うようにツマ(=隅の方)が黒い色をしているメスは飛来は確認していますが、まだ画像にとれておりません。(トップの画像に昨年撮影できたツマグロヒョウモン蝶のメスの画像をご紹介しています。)

 

 


閲覧数196 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/06/23 14:16
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 06月23日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み