■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=837157
2018年07月03日(火) 

 7/1、第五地区のソフトボール大会のおり、自町内の方から

『 カモシカが死んだってのは本当かね。 』と聞かれました。

私がカモシカの動向について詳しいと承知していいるからでした。

 

 その後、今までよりも多くカモシカチェックに出かけました。

親子は夕方にいる事の方が多かったからです。

 

6/26撮影の写真(1頭)は、オスかどうか確認できませんでした。メス(母親)ではありません。

6/29 6時40分ごろ(1頭)、メスでは無い、赤ん坊かもしれない。

7/3 6時40分ごろ(1頭)、メスでは無い、角が確認できオスと思われる。

7/3 18時50分ごろ(1頭)、メスでは無い、小さく、角が無いと思われるので赤ん坊かも。

 

カメラNGできちんと撮影出来ません。

 

自宅へ戻り、スポッティング・スコープを持ちだし、崖地へ行き確認しました。

赤ん坊です。角はありません。( 角は生後5カ月過ぎから生えだす )

スポッティング・スコープは、クリアーな画像を得られます。

赤ん坊の顔です。

 

この10分ぐらいの間、メス(母親)は現れませんでした。

 

赤ん坊は、1年間ぐらい母親と過ごし、生きる術を学びます。

その後、このテリトリーから追い出されます。これがカモシカ界のルール?です。

この崖地は、オスとメスのつがいのテリトリーですから。

 

この時期、母親と子が一緒にいるのが普通です。

更に、チェックを続けます。母親が現れる事を祈っています。

 

人に頼み、市役所にカモシカが死んだ事実があるか確認をしてもらっております。

 

 6月23日撮影

赤ん坊は母親の体の下に入り、母乳を吸っているところ。

 

 6月23日撮影

 

 7月3日 18時50分撮影

同じ場所での撮影です。二つある石とカモシカの大きさを見比べて下さい。

この写真では、角を確認できませんでした。

その後、スポッティング・スコープにて赤ん坊と確認しました。

 

 5月3日( 交尾日と妊娠期間215日から算出した出産予想日 )生まれですから2か月の赤ん坊です。すでに生きる術を充分に教わったのでしょうか。

 

 

 

 


閲覧数194 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2018/07/03 22:45
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/07/04 14:22
    shinobiさん
    これから一人で生きて行けるのでしょうか?
    人間の仕業ではないでしょうけど、残念ですね!
    次項有
  • 2018/07/04 16:14
    人にお願いしていた、市役所の関係部局からの情報を受け取りました。この付近で最近ニホンカモシカが死んだと言う情報は無いそうです。安心しました。チェックを続け、メス(母親)をキャッチしたいです。
    次項有
  • 2018/07/04 16:32
    7/1に私に確認を求めたAさんに、情報元を訊ねBさんと判明。Bさんに聞くと、この付近を散歩中に、通りがかりの人に『カモシカが死んだらしいですね。』このような趣旨の話を聞いたそうです。具体的に、何時、どんな状況での話は無かったようです。
    次項有
  • 2018/07/06 05:43
    赤ん坊と母親が一時的に離れているケースを検討してみました。糞場(排泄場所)へ行っていた。10分ぐらい掛かっていたのを経験しています。シカは歩きながら糞をします。ニホンカモシカは特定の場所で排泄をします。よって、円錐状にうず高く積みあがります。この崖地にもあります。以前オスが利用していた糞場を赤ん坊が利用していたと思っております。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
第五まち協HP担当さん
[一言]
まちづくり協議会HPへの対応です
■この日はどんな日
ほかの[ 07月03日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み