■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=837243
2018年07月11日(水) 

 粟ヶ岳に降った雨水も太田川に注いでいます。

 その2級河川太田川の「太田川水系をネットワークする情報誌『てくてく太田川』」は毎年1回、流域の3市1町(磐田・袋井・掛川の三市と周智郡森町)の全世帯を対象に発行されています。

 今年(第17号)も市の広報3月号に折り込みで全世帯に配布されましたからお目通しいただけたことと思います。(後段にクイズの応募状況のご紹介があります。)

 

 新年度の第18号の発行に向け一昨日(午後7時から9時)、袋井土木事務所の会議室に置いて第1回の編集会議が開かれました。

 

 第17号(左)と会議資料。

 

 てくてく太田川の編集は、流域三市一町から ボランティア委員が参集して、企画、取材、編集などを行い 発行されています。
 第1会編集会議では第17号のものしりクイズと同時に寄せられた、読者から寄せられたご意見を編集委員が検討し、第18号に向けての発行指針などが話し合われました。

 資料は、50ページ近くにもなり、クイズ応募時に皆さんから寄せられたご意見はすべて資料にコピー・開示され委員が全員で目を通し、次号に向けての資料として反映されます。

 

    (第18号の発行に向けて検討する委員ら)

 

 夜間の会合で委員が全員参集とまではいきませんでしたが、第18号の発行(平成31年3月発行予定)に向けスタートが切られました。

 

 本年度第1回の会合で、新編集員等を含め自己紹介もあり、委員の趣味の紹介も。磐田の小林委員は趣味で作った竹細工で第1回の編集会議を盛り上げてくれました。

 (会議の案内板として披露された小林委員の作品と会議タイトル。)

 

 会議のまとめをする司会者と、初回に参集した編集委員ら。

 

※ 第17号の「ものしりクイズ」には県内外から244通の応募がありました。

  その応募割合は下表のとおりでした。

 

  

 袋井土木事務所において厳正な抽選の結果、磐田市で5名、袋井市と掛川市で各2名。森町で1名の計10名が当選し、3,000円分の図書券が送られています。

 

 ※ 昨年は掛川市から5名の方が当選していますが、今回は応募者数が少し減ったかも。次号ではぜひ掛川市民の多くの方の応募を期待しています。

 

 「てくてく太田川」の第18号は順調に行けば来年3月に発行されます。四年周期で今回は掛川市の話題がメインに組まれる予定です。


閲覧数45 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/07/11 09:51
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み