■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=837586
2018年08月06日(月) 

 と言っても行灯造りではありません。

 ツルがあまり伸びなく鉢植えで朝顔を楽しむことができます。

 猛暑の連続でグリーンカーテン用のアサガオや鉢植え行灯づくりのアサガオも楽しめるころとなりました。

 

 今日はその中で、ツルがあまり伸びない鉢植えのアサガオ(矮性朝顔)をご紹介します。

 

  (紅色系)

 矮性アサガオの育て方は普通のアサガオと同じですが、園芸業者により改良されていますから、その種を使うことにより小さな鉢で、机上でも花を咲かすことができます。(しかし太陽に当てることも必要)

 

 上段のアサガオを真上から見た状態。(花の直径は7~8cm)

 

 こちらの鉢では紫とピンクの2色が同時に開花しました。

 こちらでは、紅色と紫が同時開花。いづれもツルや花芽をカットしたりはしていません。

 

 最後にご紹介は3色同時開花です。

 

  同じ鉢の別角度。

 

 昨年までは赤色もありましたが、耐えてしましました。ここで採れた種は次年度も矮性アサガオとして育てることができます。

 


閲覧数78 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/08/06 16:40
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/08/06 21:14
    shinobiさん
    弦のない朝顔もいいですね!
    普通の朝顔をこのように仕立てるのは出来ないんでしょう?
    次項有
  • 2018/08/07 08:58
    shinobiさんへいつもご来訪ありがとうございます。
    (ご参考までに)
    育てているアサガオは「サンスマイル」という品種です。
    普通のアサガオはツル間(蕾と蕾の間)が長く難しいと思います。
    この種の入手は大手の種苗メーカーから通信販売が可能で、種をまいた後は普通のアサガオと同様の栽培方法で可能。難しくありません。

    もう一つ、朝顔の盆養仕立てという方法で、鉢で短く大輪の花を咲かせる「名古屋朝顔」がありますが、こちらは栽培技術が必要で、一般的には育てられません。
    名古屋方面ではこのアサガオをそろえた「名古屋朝顔まつり」も開かれています。
    浜名湖花博でも展示されていました。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 08月06日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み