■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=838065
2018年09月18日(火) 

いつもの散歩道にあるOさん宅の槇の木のヤゾウコゾウのことで気になります(木になります?)。

毎年この垣根のヤゾウコゾウはこんなに生らなかったと記憶しています。

それがこの秋、鈴生りになっていました。

 

実は垣根の手入れをしていたおじいちゃんがこの夏に亡くなったんです。

何か偶然とは思えなくなりました。


閲覧数97 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2018/09/18 06:42
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/09/18 10:21
    こんなに実がつくものなんですか。

    実家も槇囲いだったので、懐かしいです。
    赤いやぞうこぞう食べました。
    槇の実、子供の頃は拾わされました。
    次項有
  • 2018/09/18 10:39
    鉛筆shinobiさん
    > みつちゃんさん
    今どきの子供はこの実が食べられるなんて思わないでしょうね❗
    子供の頃はもっと甘く感じましたが、この歳になって食べるとあまり甘くないです。
    慣れでしょうね。
    次項有
  • 2018/09/18 15:08
    蘭楽さん
    私も子供の頃よく食べました。いまも見つけると食べたくなりますが
    泥棒さんになってしまうので我慢しています。
    次項有
  • 2018/09/18 17:36
    鉛筆shinobiさん
    > 蘭楽さん
    そうです、これも泥棒さんになってしまうので、一声掛けないとね❗
    次項有
  • 2018/09/19 00:07
    亡くなったおじいちゃんに感謝をこめヤゾウコゾウ沢山なったのでしょうね。
    ヤゾウコゾウの恩返しの様に思えます。
    次項有
  • 2018/09/19 09:28
    鉛筆shinobiさん
    > ちょっとさん
    私もそう思って感激したので投稿してみました。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 09月18日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み