■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=838305
2018年10月08日(月) 
今回サッカー日本代表に招集された清水エスパルスのFW北川航也選手、若手が多いくエスパルスの中でも、成長を期待できる選手の筆頭である事は間違いないでしょう。

今季は途中加入の助っ人ドウグラスと組み、時間の経過とともに連携も深まり、ゴールを量産し始めた感があります。

日本代表というレベルの高い中で何かを掴んで欲しいと思ってるんですが、ここでひとつだけ心配な事があります。

上にも書いた通りドウグラスとの連携は深まり、お互いにアシストが出来るような状態です。でもドウグラス とはタイプが違いますよね。勿論経験値も違えば、テクニックもドウグラス の方が一枚も二枚も上手です。そしてドウグラスは高いテクニックの下に力強さが際立っています。昨日の2つのゴール共に相手ディフェンダーに取り囲まれてユニフォームを引っ張られながらもシュートに持ち込む強さが顕著です。一言で言えば『ゴリゴリのストライカー』なんですよね。

対して北川はパスに反応して一瞬で決める決定力はあるものの、相手ディフェンダーに取り囲まれながら(ディフェンダーを引きずりながら)シュートに持ち込む力強さは未だ感じられません。つまり良いパサーがいてこその決定力だと僕は思ってます。

たとえ怪我人発生による追加であろうと日本代表に選出された事は喜ばしい限りですが、連携を深めるには限られた時間しか無い代表で、どれだけタイミング良く走り込めるか?北川にとって良質なパスを出してもらえるか?ここが課題だと思います。

閲覧数51 カテゴリ日記 投稿日時2018/10/08 17:39
公開範囲外部公開
■プロフィール
FAIRY-TALEさん
[一言]
FORZA・S-PULSE!!
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み