■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=838391
2018年10月15日(月) 
今は毎日我が家の片付け、慣れない?肉体労働で夫婦揃って身体中がバッキバキ!

今回は『1年以内に触ったり使わなかった物は、今後僕の人生の中で必要では無い』と勝手な基準をつくり、迷ったら捨てるといった『ほぼ断捨離』やってます。

僕は就職の為に古郷に戻り、半年間の実家暮らしの後に親が老後用に用意していた一軒家で一人暮らしを開始。その時は男の一人暮らしって事で殆ど家財道具は有りませんでした。ベッドと卓袱台?それにテレビ位だったかな?その一人暮らしから半年程度で今度は母を呼び寄せて二人暮らしを開始、その時に母が大量の荷物を運び入れました。

実は我が家は客商売をやっていて、母はその時に使っていた家財道具の一部を持ち込んだんですね。その後に家を建て替えた時も、母はそれらの荷物を捨てられず、ほぼそのまんま新居に持って来ちゃいました。

そんなこんなで我が家では、他の家よりも5割増しで荷物があります。そしてそれらの荷物は新居の押入れ等に仕舞い込んだ後、ほぼ『開かずの押入れ』状態になってました。

今回、人生で2回目の自宅建設と相成り、それに伴って色々と断捨離に近い整理をしている最中ですが、こんなに要らない物に囲まれながら暮らしていたのかと呆れるほどアレコレと荷物が出てきます。

そんな中で大量に出て来たのが両親の写真です。父は新しい物好きで、カメラや当時流行った8ミリ(ビデオじゃないよ、8ミリフィルム)もやってました。なので昭和30年代〜40年代前半に撮った家族の写真等が出て来ました。そして父はリタイア後に母と二人で北海道をはじめ色々なところに旅行しており、その時の写真も数多く出て来ました。父は僕が中学生の時に、母も15年ほど前に他界しており、久しぶりに見た両親の姿でした。写真の中の父と母は笑顔であり、それを眺めている僕も無意識の内にニッコリです。

それ以外にも母が未だ独身だった頃の写真や、父と結婚した時の記念写真も出て来ましたが、これらの写真はやはり全部捨てる気にはなれず、一部は保管しておく事にしました。

閲覧数145 カテゴリ日記 投稿日時2018/10/15 17:44
公開範囲外部公開
■プロフィール
FAIRY-TALEさん
[一言]
FORZA・S-PULSE!!
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み