■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=838828
2018年11月26日(月) 

 ピサの斜塔をご存知ですか。

 

 イタリアの北西部にある今にも倒れそうな高い塔のことです。

 一昨日(11/24)のメディア報道によると、高さ56mのこの塔が最上部で垂直線より4.5m傾いていたのが補修工事後17年間で4cm元の方向に戻ったということです。

 

  (傾いて建つピサの斜塔)

 

 十数年前の現地訪問での自撮り画像でご紹介します。《この時は工事中で塔に上ることはできませんでした》

 ピサの街にあるこの塔は、大きな寺院の一角を構成する施設です。

 この寺院を構成する大きな施設は三つ。

 手前から丸い形の聖堂。次が角型の大聖堂。一番向こう側に斜塔があります。

 

 聖堂。人と比べると大きさがわかります。

 

 大聖堂。中へも入れます。人物がありのように小さく見えます。

 

 正面から見たピサの斜塔。向こ側へ傾いています。

 

 反対側(こちら側へ傾いた)の斜塔。

 

 ピサの斜塔のあるピサの町の場所は、下の地図にある位置で、イタリアの北西部にある海岸沿いの町です。(有名なフィレンツェから西へ100kmほどのところにあります)

 


閲覧数43 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/11/26 08:18
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/11/26 10:40
    shinobiさん
    私は年月がたつにつれてもっと傾くと思っていました。

    因みに45年前にイタリアにも行きましたがポンペイの遺跡だけでピサには行きませんでした。
    次項有
  • 2018/11/26 17:13
    shinobiさんへ
    一般的にはもっと傾くと思いますね。そのため、10数年かけて傾斜を止める工事をしたようです。
    今は人数制限で登れるとか。

    ポンペイの遺跡も見てみたかったですが、ピサとフィレンツェだけの訪問でした。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 11月26日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み