■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=838905
2018年12月02日(日) 

 

 浪曲や次郎長一家の森の石松の墓でもおなじみの静岡県周智郡森町の大洞院。

 ここも紅葉が最盛期です。11/29、小國神社に続き、同日早朝(朝9時ころ)大洞院の紅葉も期待して立ち寄りました。

 こちらは早朝ともあって、紅葉見物客は20人の余ほど。紅葉も進んでいましたがゆっくり撮影が出来ました。

 

 本堂に向かう、石段の参道はモミジに覆われていました。

 

 本堂前の境内広場も紅葉で覆われていました。

 

   石塔の前に落ちたモミジ。

 

 陽の光(朝日)が当たる部分は非常に鮮やかです。

 

 赤い風景が上から覆いかぶさってきます。

 

 低い位置からのアサヒの影が伸び、空を見上げると青空を紅葉が囲んでいました。

 

  2本の杉に囲まれた紅葉と、太鼓橋の下の川にモミジが映っています。

 

  そして忘れてはいけないのが「森の石松」。

 清水次郎長と石松の記念碑。(石松の墓石は別にあります)

 

 帰るころには紅葉見客もだいぶ増えてきました。 

 

 


閲覧数52 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2018/12/02 14:43
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/12/02 21:12
    shinobiさん
    大洞院は小国神社より奥にあるのでいつも紅葉を見に行く時は終わりがけです。
    次は早目に出かけるようにしてみます。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 12月02日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み