■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=839596
2019年02月06日(水) 

 九州方面ではタカナの栽培が盛んだとかつて聞いたことがあります。

 

 今年の家庭菜園。大根やミズナ、ブロッコリーにレタスなど一冬過ごすには十分な量の野菜類の収穫ができました。しかし、ただ一つ、「白菜が残念!」な結果に終わりました。 経過は覚えていません。

 と言うのも、白菜用の種をどこかでいただいた(これが記憶にないのです)のですが、出来たものはちょっと形の違う”タカナ(高菜)”でした。白菜のつもりで、周りを紐で縛ったり、期待をしていたのが・・・。

 

 「白菜」だと思ったのが、いつまでたっても丸くなりません。

 

 したがって気持ちを切り替え、ネットで高菜の漬け方を学習。さっそくその漬けに入りました。

 初めてですので、漬け方がわかりません。

 根元の部分を少し切り落とし、水洗いして白菜のように少し水切りと天日干し。

 

 

 塩を多めにユズやタカノツメを混ぜ漬け樽に押し込みました。 

 

 5.5Kgnの重しを乗せ、二日に1回返しを入れ約10数日間。漬かった状態になりました。

 

 

 ”うまい” とまではいきませんが、初回にしてはまずまずで、漬かりの良いところだけを選択して食しています。

 

  栽培量がまだありますのでもう1~2回は漬け込んでみたいと思いますが、来期は間違わないように”白菜”と確認して種をまきます。

 


閲覧数52 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/02/06 21:00
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/02/06 21:55
    shinobiさん
    わが家にもこの葉っぱの植物が3本生長しています。
    なんだか分からないので放ってありましたが、高菜ですか?
    もう一度確認してみます。
    次項有
  • 2019/02/07 08:09
    shinobiさんへ
    確認してくれる人がありませんので、ネットで数ヶ所調べました。たぶん?「タカナ」でいいと思いますが。

    漬けたものは白菜よりも歯ごたえがあり「うまい!」とまでは言えませんが、抵抗なくおいしくいただくことができています。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み